年金の保険料を払ってなかったら、生きていけるのか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『貯金も年金もない54歳内縁の夫。老後生活は大丈夫?』です。

どうやら、旦那さん?は、年金の保険料を払っていないみたいです。

こういった方って、多いのかもしれませんね。

『一生働くから大丈夫!』とか、『どうせ、年金なんかもらえないから!』とか、いろんな理由で保険料を払っていないんでしょう。

ですが、働けなくなったら、どうするのか?

多額の貯金があれば、年金なんか必要ないでしょうけど・・・

では、どんなご家庭なのか、書いてみたいと思います。

登場するご家庭は?

旦那さん54歳、奥さま52歳、お子さんはいらっしゃいません。

月の収入は、旦那さんが30万円あるそうです。

奥さまは、体調が悪く、働いていないようです。

ちなみに、旦那さんは自営業なので、ボーナスはありません。

その代わりに、定年もありません。

まあ、働こうと思えば、ずっと働くことは出来そうです。

貯金は、1800万円お持ちのようです。

公的年金は、旦那さんはゼロ、奥さまは年間で84万円の予定なんだそうです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:5万5000円

・車両費:8000円

・食費:5万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:1万円

・こづかい:2万円

・雑費:3万円

・保険料:1万7000円

・国民健康保険:3000円

合計すると、約23万円になります。

月の収入は30万円ですから、30万円-23万円=7万円を貯めることが出来ます。

年間では、7万円×12か月=84万円を貯金することが出来そうです。

65歳まで働いたら?

もし、旦那さんが65歳まで働いたとします。

現在、旦那さんは54歳ですから、あと11年働くことが出来ます。

すると、84万円×11年=924万円を貯金することが出来ます。

現在の貯金と合わせれば、1800万円+924万円=約2700万円になります。

これが、老後資金になります。

65歳以降は、奥さまの年金と貯金を使って生きていくことになります。

月の生活費は23万円ですから、年間では276万円が必要になります。

奥さまの年金は、年間で84万円ですから、276万円ー84万円=192万円不足することになります。

これを貯金で補填することになります。

ってことは、2700万円÷192万円=約14年で貯金が底をつくことになります。

その時の旦那さんの年齢は、65歳+14年=79歳です。

ちなみに、奥さまは77歳ですね。

ん・・・ちょっと、心細いですね。

年金は必要

もし、旦那さんの年金が、奥さまと同額あったらどうなるでしょうか?

夫婦で、84万円×2人=168万円の公的年金があるってことになります。

すると、生活費の不足額は、276万円ー168万円=108万円になります。

これを貯金で補填したら、2700万円÷108万円=25年で貯金は無くなってしまいます。

その時のご夫婦の年齢は、90歳と88歳です。

ずいぶんと楽になりますよね。

なので、やはり、数万円でもいいので、公的年金は必要だと思います。

最後に

逆に考えれば、公的年金がゼロになれば、高齢者は生きていけないってことだと思います。

なので、公的年金はなくならないでしょう。

もう一つ考えないといけないことは、『少額でもいいので稼ぐ』ってことだと思います。

月に、数万円でもいいと思います。

『死ぬまで働く』のではなく、『死ぬまで稼ぎ続ける』ってことが大事じゃないでしょうか?

では、どうやって稼ぐのか?

これを、元気なうちに作っておく必要があると感じています。

たとえば、不動産投資や株投資、ネットを使った物販などなど。

『雇われない稼ぎ方』を身につけておかないといけませんね。

そうすれば、死ぬまで稼ぎ続けることが出来ますから。

ん~、このブログも、稼ぎ続けてくれるだろうか?

でも・・・

あまりにも少額すぎて・・・

他の手段を探さないといけませんね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。