世帯年収800万円で5000万円の家を買えるのか?買うには条件がある

 

こんにちは。たかです。

僕が勤めていた会社の同僚も、5000万円くらいの家を建てていました。

中には、返済期限が80歳くらいの人もいましたね・・・

そんなローン組めるんだ・・・ってビックリしたのを思い出します。

さて、今日はこんな記事を読みました。

『20代半ばで結婚、貯金350万円。10年後に5000万円の家を買いたい』です。

すごいですね・・・

20代で、もう将来のことを考えているんですから。

では、10年後に、ホントに5000万円の家を買えるのかどうか?

考えてみたいと思います。

登場するご家庭は?

旦那さん25歳、奥さま24歳です。

まだ、お子さんはいらっしゃいません。

月の収入は、旦那さんが24万円、奥さまが18万円です。

合わせれば、月に42万円の収入があるわけです。

ボーナスは、年間で120万円あるようです。

世帯年収にすれば、約800万円くらいでしょうか?

おふたりとも、一流会社の社員かもしれませんね。

現在の貯金は、投資も合わせれば、350万円だそうです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:8万円

・食費:6万円

・光熱費:2万5000円

・通信費:3万円

・ネット:5000円

・趣味娯楽:2万5000円

・こづかい:5万円

・雑費:2万5000円

合計すると、30万円になります。

月の収入が42万円ですから、42万円ー30万円=12万円を貯金することが出来ます。

年間では、12万円×12か月=144万円になります。

ボーナスからは、80万円を貯金しているそうです。

ってことは、年間では、144万円+80万円=224万円を貯金していることになります。

10年後に5000万円の家を買ったら

まず、10年後の貯金額を調べたいと思います。

年間224万円を貯金出来ますので、10年後には、2240万円を貯めることが出来ます。

現在、350万円お持ちですから、2240万円+350万円=約2600万円の貯金があることになります。

仮に、2000万円を頭金にしたら、借入額は、3000万円で済みます。

60歳までに完済するとしたら、月の支払額は、約11万円くらいになります。

今、家賃として8万円支払っていますので、3万円ほど支出が増えることになります。

それでも、毎月9万円は貯金することが出来ます。

年間では、9万円×12か月=108万円です。

それに、ボーナスから貯金出来ますので、108万円+80万円=188万円を貯めることが出来るんです。

これを、60歳まで続けたら、188万円×25年=4700万円の貯金が出来ます。

老後資金としても、十分そうですね!

では、みなさんなら、5000万円の家を購入しますか?

僕なら、やらないと思います。

だって、こんなことが出来るのは、ある条件が必要だからです。

共働きをすること

これは、『共働きを継続することが出来たら・・・』の話しです。

途中、お子さんが出来て、奥さまが仕事を辞めるようなことがあれば、話は変わってきます。

奥さまの収入が無くなれば、月の収入は25万円になります。

一方、支出は33万円ですから、毎月8万円の赤字です。

年間では、8万円×12か月=96万円の赤字になるんです。

これをボーナスから補填するとします。

ですが、奥さまのボーナスはありません。

旦那さんのボーナスは70万円ですから、赤字を解消することは出来ません・・・

ってことは、旦那さんの収入だけでは、3000万円の住宅ローンは、きびしいってことです。

まあ、10年後には、旦那さんのお給料も上がっているかもしれませんが・・・


最後に

住宅ローンを組む際には、夫婦2人の収入を当てにするのは、危険だと思います。

だって、どちらかが職を失ったら、途端にローン返済が出来なくなりますからね。

なので、ローンを組むときは、旦那さんのお給料だけで、返済計画を作ったほうがいいと思います。

あくまでも、奥さまの収入は、補助的に考えていた方が無難だと思います。

これからは、終身雇用、年功序列は無くなるでしょう。

ってことは、60歳まで働けないかもしれない。

年をとっても、収入は上がらないかもしれない。

そんな時代になるんでしょうか?

大きな借金をするには、勇気のいる時代になるかもしれませんね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。