『ガンになっても働いたほうがいい』なんて勝手な言い分。

 

こんにちは。たかです。

今日は、とってもお天気がいいんですが、これと言って行くところもないので、自宅でネットを見ています。

休日って、どこに行っても人が多いです。

特に、早期退職して平日に外をウロウロするようになって、そんな風に感じるようになりました。

ホントに、平日って人がいませんよね・・・どこに行っても。

無職者の特権です。

さて、ネットで、こんな記事を見つけました。

『もしがん患者になっても「仕事を続けた」ほうがいい3つの理由』です。

ちょっと、違和感を感じました。

僕は、『ガンになったら、仕事は辞めた方がいい』とは言いません。

ですが、『仕事は続けたほうがいい』とも言い切れないような気がしたんです。

では、この記事を書いた人は、なぜ『仕事は続けたほうがいい』と言っているんでしょうか?

収入のため

そりゃ、そうですよね。

仮に、家庭があれば、なおさらのことですよね。

ライフネット生命が実施した、がん経験者572名へのアンケート調査結果が、記載されていました。

それによると、がん罹患前後の収入の変化について、罹患前の年収415万円に対して、罹患後には年収332万円と、約2割減少しているんだそうです。

特に、収入がゼロになった人が、約2割いたそうです。

収入面だけ考えれば、働けるのなら、仕事はやったほうがいいですよね。

この点では、同感です。

健康維持のため

ん?

どういうこと?って感じですが、筆者はこう言っています。

『働くことは、ココロとカラダの健康につながる』だそうです。

だれが、そんなこと決めたんだろう?

僕が、もしガンで、前の職場にいたら、ぶっ倒れていますよ。

なんか、『働くことはいいことだ!』って決めつけるのは、どうかと思いますね。

生きがいのため

はぁ~?

仕事に生きがいですか?

この筆者は、『働くことでやりがいや生きがいを感じることができる』と言っています。

まあ、全面否定はしませんが、そんな人は、何割くらいいるんですかね?

少なくとも、僕は、生きがいもやりがいもありませんでしたが・・・

大事なことは自分らしくじゃないかな?

この記事は、あまりにも、身勝手な言い分が多いように感じました。

仕事を続けたい人は続ければいいし、辞めたい人はやめればいい。

僕は、そう思います。

そして、ガンを患ったことで、人生どうなるか分かりませんが、自分らしく生きることが、一番じゃないでしょうかね?

癌告知。生き方をガラッと変えて僕は生還した! [ 中山栄基 ]

価格:1,620円
(2019/4/21 11:52時点)

最後に

僕も、今年で50歳になります。

いつ、ガンになってもおかしくありません。

その時に、どうするか?

今のうちから、考えています。

僕の基本的な考え方は、健康診断は受けません。

もし、ガンが見つかれば、『治療したい』って思ったら治療しますし、『もういいや』って思ったら、治療しません。

その時の僕の気持ち次第です。

『もっと、生きたい』って思うのか、『もう、満足』って思うのか。

それは、その時じゃないと分かりません。

ガンになって、仕事をつづけた方がいいかどうかなんて、その人の気持ちの問題です。

自分の気持ちに正直になって、生きていきたいものです。

いつかは死ぬんでしょうが、それまでは、明るく・楽しく・やさしく・感謝して生きていきます。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。