高齢者の自動車事故を防ぐには、危ない人には運転させない。その為には?

 

こんにちは。たかです。

先日、池袋で高齢者が運転する自動車が、暴走するという、悲しい事故が起きてしまいました。

犠牲にあわれた方はまだ若く、お子さんも小さかったようです。

一方、事故を起こした方は、80代後半で、足が少し不自由だったみたいです。

ご近所の方も、事故を起こされた方が、車庫入れで失敗しているところを、目撃されていました。

もう、運転することは、既に、限界だったようです。

ですが、このあと、どうなるんでしょうか?

当然、罪の償いはしないといけないでしょうが、賠償金など、どうなるんでしょうか?

自動車保険で、済むもんなんでしょうか?

お金だけじゃ済みませんよね・・・

事故を起こした方やそのご家族は、今後、ずっと罪を背負って生きなければいけません。

ですが、これは、他人事ではありません。

運転免許証を取りあげることができるか?

我が家では、父親は他界していますし、母親は運転しませんので、問題ありません。

ですが、妻の父親(義理の父)は、運転をしています。

妻曰く『かなり、運転がヤバイ。一旦停止も無視している・・・』って、かなり恐ろしいことを言っていました。

運転をやめるように言っているみたいですが、まったく、聞く耳ないようです。

田舎に行けば、公共の交通機関も少ないですし、自動車が無いのは不便だと思います。

義理の父が、『車が無いと困る』と言っているのも分かる気がします。

ですが、もし、今回のような事故でも起こしたらと思うと、ゾッとします。

まあ、離れて暮らしていますので、免許証を取り上げることも出来ず・・・

どうしたものか、考え中であります。

申請性にしたらどうか?

たしかに、車が無いと不便かもしれません。

ですが、一度、車のない生活を、やってみてはどうかと思うんですよね。

意外と、車が無くても、なんとかなるかもしれません。

一旦、70歳になったら、免許証を返納させる。

そして、どうしても必要であれば、再度、免許証を取り直す。

技能研修をやって、OKであれば、免許証を返せばいいんじゃないでしょうかね?

法律で、免許証を取り上げないと、高齢者の事故は、今後、増えるかもしれません。

人の命が失われてからでは、遅いですからね・・・

最後に

僕には、もう一つ、怖いものがあります。

それは、子供の車の運転です。

免許証を取りたての時は、安全運転なんですが、運転に慣れてきた頃が、一番あぶないです。

ちょうど、長男が、その時期になっています。

事故で、人の命を奪うようなことにならなければいいが・・・

こればかりは、祈ることしかできませんが。

今度、帰省して来たときには、話をしておきたいですね。

アーリーリタイアの計画を狂わせるものとして、自分ではどうにもできないことがあります。

もし、家族が死亡事故をおこしたら・・・

のんびり、生きていくわけいきませんからね。

自分も含め、車の運転には、気を付けたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。