たしかに日本の将来は不安かもしれない。ならば、自分の家計を心配しよう。

 

こんにちは。たかです。

世の中には、心配性の人っているんですね。

あまり、将来のことを心配しすぎても、楽しくありません。

今日、こんな記事を見ました。

『32歳貯金500万円。子どもをもう1人欲しいが日本経済の先行きが不安』です。

ん~、日本経済が心配・・・

分からないでもありませんが、心配しても、どうしようもありません。

まずは、自分の家の家計の心配をしたほうが良さそうです。

では、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん32歳、奥さま31歳、1歳になるお子さんがいらっしゃいます。

奥さまとしては、もうひとり、お子さんが欲しいようです。

月の収入は、旦那さんが26万円、奥さまが15万円です。

合わせれば、月に41万円も収入があります。

ボーナスは、年間で90万円あるそうです。

今の貯金は、500万円お持ちのようです。

世帯年収は、約700万円強ってところでしょうか?

ん~、かなり、恵まれたご家庭のような気もしますが・・・

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅費:7万円

・車両費:2万円

・食費:5万5000円

・光熱費:1万5000円

・通信費:1万4000円

・趣味娯楽:3万円

・教育費:3万円

・こづかい:3万円

・雑費:2万円

・保険:2万5000円

合計すると、約31万円になります。

月の収入は41万円ですから、41万円ー31万円=10万円を貯金することが出来ます。

年間では、10万円×12か月=120万円です。

ボーナスからは、20万円貯金しているようです。

そうなると、年間では、120万円+20万円=140万円を貯金していることになります。

定年までにいくら貯まる?

旦那さんが定年するまで、あと28年はあります。

まあ、65歳まで働けば、もっと稼げますがね。

仮に、あと28年働くとしたら、140万円×28年=3920万円も貯金することが出来ます。

退職金は、期待できないそうなので、ここでは、考えないことにします。

さらに、今、500万円の貯金がありますので、約4500万円の貯金を手にすることが出来そうです。

子供の学費は?

ここで、心配になるのが、子供の学費ですよね・・・

ちょっと、調べてみました。

公立小学校:約200万円

公立中学校:約150万円

公立高校:約150万円

国立大学:約200万円

このコースなら、700万円あれば大丈夫です。

仮に、公立小学 ⇒ 公立中学 ⇒ 私立高校 ⇒ 私立大学(理系)だと、1100万円~1500万円くらいになるんじゃないでしょうか?

ですので、子供ひとり当たり1000万円を準備出来れば、何とかなると思います。

子どもを持ったら知っておきたいお金の話 (中経出版)

新品価格
¥429から
(2020/3/22 11:18時点)

老後資金は?

もし、あとひとり、お子さんが出来たとしたら、学費は2000万円準備すればいいでしょう。

ってことは、4500万円ー2000万円=2500万円が老後資金として使えます。

ですので、そこまで、心配することも無いような気もするんですがね。

もし、心配ならば、資産運用をしても良いかもです。

当然、リスクは伴いますが、貯金の半分70万円を利回り3%で運用すれば、28年間で約3000万円になります。

残りの70万円は貯金しておけば、それだけでも、約2000万円くらいにはなります。

合わせれば、約5000万円になりますから、学費2000万円を差し引いても、3000万円は残ります。

60歳時点で、3000万円あれば、裕福な方じゃないですかね。

最後に

そこまで、心配する必要はないと思います。

ですが・・・

この計算は、60歳まで仕事をすることが出来たらの話しです。

もし、今後、リストラがバンバン行われる時代になれば、どうなるか分かりません。

その為にも、会社をクビになってもお金を稼げるようになっておくことが大事ですかね。

あるいは、資産運用で、早めにお金を貯めてしまうか・・・

そう考えれば、サラリーマンも、対策を練っておかないといけないかもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。