やっと釣れたチヌ。7月8月の博多湾は、いつもと違う。IN 須崎埠頭

 

こんにちは。たかです。

一昨日、夜釣りに行ってきました。

実は、7月、8月で5回くらい釣りに行ったんですが、なんと、ボウズ・・・

そうなんです。

まったく、釣れないんです。

5月、6月は、チヌやシーバスが、まあまあ、釣れたんですがね・・・

いつもの博多湾なら、8月になれば、シーバスがひと晩に10本くらい釣れてもおかしくありません。

なにか、海の中で異変が起こっているんでしょうか?

でも、気を取り直して、チヌ、シーバスを狙いに行ってみました。

カニ餌でチヌ狙い

釣り場である須崎埠頭に着いたのは、16時30分くらいでした。

ですが・・・

外は、どしゃぶり。

家を出た時は、降ってなかったんですが。

でも、雨なんかには、負けていられません!

雨がっぱを装着して、いざ、出陣です。

釣り方は、いつもの、『ヘチ釣り』です。

エサはカニで、チヌを狙ってみます。

ところが・・・

まったく、反応ありません。

スルスル~、スルスル~と、快調に海底までカニが落ちていきます。

だれも、カニを食べてくれません。

そして、2時間が経過・・・

やっぱり、今日も、ダメなのかな・・・

そう思った瞬間、ヤツはやってきました!

久しぶりのアタリ!

スルスル~、スルス・・・ん?

カニ餌が落ちていきません。

あれ?何かに引っかかったかな?

そう思って、ゆっくり竿先をあげてみると、『グググッー』と海中に潜っていきます。

いや~、久しぶりのアタリ。

そして、忘れかけていたチヌの引き。

堪能させていただきました。

上がってきたのは、こんな方です。

大きさは、35㎝でした。

そんなに大きくないんですが、良い引きしてましたね。

で、魚を触って思ったのは、『魚が、あったかい』ってことです。

かなり、海水の温度が上がっているのかもしれませんね。

その後、アタリが頻発します。

水深1m以内で、ガツガツっとアタリがでます。

ところが・・・針にかからない。

カニぐしゃになるだけです。

こんな感じです。

ピントが合ってなくてすみません。

日が落ちたら終了

そうこうするうちに、完全に日が落ちてしまいました。

エサをアオムシ(アオイソメ)に変更したところ、シーバスの30㎝がいきなりヒットしました。

ちょっと、小さいんですが、7月・8月と全然釣れなかったので、期待がもてます。

『お~、今日は、シーバスがいいかもしれないな!』

ところが・・・

その後、アタリがまったくありません。

エサ取りの小さな魚さえ、エサを取りません。

シーバスが釣れてから、2時間粘ったんですが、結局エサがなくなることはありませんでした・・・(博多湾には魚はいません!)

最後に

やっぱり、今年の博多湾は、ちょっとおかしいですね。

例年とは、全然ちがいます。

今後、台風が来たり、雨が降ったりして、水温の変化あれば、もしかしたら釣れ始めるかもしれませんが。

チヌのシーズンも終わりに近くなってきましたので、最後は、45㎝オーバーを釣ってみたいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

(5)プロマリン 海将黒鯛 (かいしょうくろだい) /チヌリール/ヘチ釣り/落とし込み釣り/

価格:6,458円
(2019/8/26 19:55時点)