会社って何歳まで社員を雇うつもりなのか?70歳まで働けるのか?

 

こんにちは。たかです。

僕は2019年3月末で会社を早期退職しました。

今、流行っている『早期退職優遇制度』を活用して、会社を退職しました。

中には、早期退職を募集しない会社もありますので、ラッキーだったと思っています。

国は、年金の支払いを先延ばししたい為なのか、『人生100年時代!』とか言い出して、国民を70歳まで働かせようとしています。

実際、100歳まで生きる確率って、かなり低いですけどね・・・

僕みたいに、タバコ吸って、ちゃんと税金を払えば、80歳前には死んじゃうでしょう。

一方、会社側は、社員を何歳まで雇ってもいいと考えているんでしょうか?

こんな記事を見つけました。

『経営者側は「60歳定年後も働く人」をどう考えている?』です。

さて、どんな内容なんでしょうか?

継続雇用制度はどのくらいある?

この記事に出てくるデータは、厚生労働省の『平成30年 高年齢者の雇用状況』のようです。

さて、どんな結果なのか?

希望者全員65歳以上の継続雇用制度がある会社は、中小企業で8万512社、大企業で8万8124社あるんだそうです。

合わせると、16万8636社になります。

ホントにこんな多くの会社が、希望されすれば、65歳以上まで雇う気なんですかね?

次に、こんなデータがあります。

先ほどは、『65歳以上』でしたが、今回は『66歳以上』の継続雇用についての話しです。

希望者全員66歳以上の継続雇用制度がある会社は、中小企業で8979社、大企業で427社です。

合わせて、9406社になります。

あれ?

たった、1歳の違いで、約15万9000社の継続雇用制度が無くなってしまいました。

どういったことなのか?

65歳までは継続雇用

これから先は、僕の想像の世界ですので、真実ではないかもしれません。

仮に、定年が60歳の会社があったとします。

そこの社員が継続雇用を希望があれば、65歳までは無条件に雇用するんじゃないかと思います。

しかし、66歳からは、『雇用しない』あるいは、『条件付きで雇用する』ってことになっているんじゃないかと思います。

なので、66歳以降の希望者全員を雇う会社が、減っているんじゃないでしょうか?

条件ってなに?

この記事の中に、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が行った『60歳以降の社員に関する人事管理』に関するアンケート調査が出ています。

それによると、継続雇用する社員の個別評価に関して、こんな事を重視しているそうです。

①高い専門能力を持っている

②高い管理能力・指導力を持っている

③労働意欲が高い

④幅広い人脈を持っている

なんだそうです。

ん~・・・

これって、どうやって評価するんですかね?

評価者の主観ですかね・・・

こんな内容の評価だったら、人員削減したいと思えば、『たかさんは、専門能力に欠けてますので、今年限りですね・・・』なんて言えば、簡単にクビきり出来ますよね。

最後に

現時点では、70歳まで働くことは、かなり難しいですね。

ある意味、70歳まで働くことが出来る方は、すぐれた技術やノウハウをお持ちの方というわけです。

ちなみに、お給料は、60歳時点の60%~70%程度になるみたいです。

まあ、貰えるだけマシかも知れません。

反面、45歳以上のサラリーマンが、クビ切りに遭っています。

そして、年収を下げながらでも、再就職をせざるを得ない・・・

それも、困難を極める。

こんな、生きづらい社会になっているんじゃないでしょうか?

僕は49歳で会社を辞めました。

そして、もう、サラリーマンには戻りたくありません。

人間関係や社内ルール、お客さんとのトラブルなど、疲れ果ててしまいました。

もう、うつ状態に陥るのは、御免です。

これからは、少額でも良いので、自分で稼げるようにならないといけません。

でも、まったく、その気配すらありませんが・・・

まあ、ケチケチ生活しながら、のんびりやっていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。