会社を買って経営者になれば雇われずに仕事が出来る。

 

こんにちは。たかです。

最近では、サラリーマンが中小企業を買い取って、経営者になる人が増えているんだそうです。

今後10年間で70歳を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人に増えるんだそうです。

さらに、245万人のうち、約半数の127万が後継者未定の状態らしいです。

そうなると、10年間累計で約650万人の雇用が失われる可能性があるみたい。

要は、会社が潰れるってことです。

後継者不足って、大変なんですね。

こういった会社を買い取っているのが、サラリーマンのようですね。

ん~、雇われで働きたくない人間にとっては、興味をそそられる話です。

会社員から経営者になった人の話では、『多少苦労をしても、自分の裁量で働ける方がいいと思った』という人もいるそうです。

サラリーマンの窮屈さから脱出したかったんでしょうね。

でも、そんなにうまくいくのか?

赤字経営の会社が多い

売りに出されている会社を見てみると、『赤字経営』の会社が結構多い。

自分の手腕に自信のある人は、赤字経営の会社を立て直すことも出来るでしょう。

でも、経営なんかやったことの無いサラリーマンなら、そんな会社を買い取るのは、ちょっと不安ですよね。

以前、NHKで『個人による小規模M&A』の番組をやっていましたが、見事に失敗するサラリーマンがいました。

最終的には、赤字を増やし、再度、売りに出すという結果になっていました。

そんなに簡単じゃないですよね・・・

自分の裁量ってあるのか?

会社を買い取るというのは、その会社の歴史も買い取ることになります。

経営者が変わったからといって、今までの取引先などを、一気に変えることは危険かもしれません。

仕事のやり方に関しても、同じだと思います。

すべて、自分の裁量で変えることが出来るかと言えば、そうでもないような気もします。

まずは、『今まで通りにやってから』ってことになりそうです。

まあ、すごい手腕の経営者なら、話は別ですが・・・

従業員は先輩

もし、買い取った会社に従業員がいたら・・・

ひょっこりやってきた経営者のことを、よく思うわけありません。

『こいつ、どんなやつだ!どうせ、サラリーマンやってただけだろう?何が分かる!』って思われる事でしょう。

いってみれば、従業員は、その仕事に関しては先輩であります。

そういった人たちと一緒に変革しなければいけません。

これは、大変な仕事ですよね。

経営者になったからといって、すべてが自由にできるとは、思えないんですがね。

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門/三戸政和【合計3000円以上で送料無料】

価格:907円
(2019/9/17 16:27時点)

やるとしたら

もし仮に、僕が会社を買い取るとしたら、こんな会社です。

まずは、従業員がいない。

そして、赤字経営ではない。

興味ある職種で、買い取り額が1000万円以内。

こんな会社、あるんだろうか・・・

たとえば、キッチンカーなど、どうでしょうか?

キッチンカーは、当然、車が必要になりますし、仕込みの為の場所も必要になります。

車の中では、仕込みは出来ませんからね。

さらには、車を出す場所も必要になります。

どこでも出したら、怒られますよね。

これらすべてを、譲渡してくれるなら、いいかもです。

ただし、利益の出ているキッチンカーって、そんなにないでしょうけど・・・

キッチンカーの移動販売 好きなことやって、自分の足あと残そうよ [ 烏川清治 ]

価格:1,944円
(2019/9/17 16:28時点)

最後に

雇われる仕事をしたくない僕は、会社の買い取りには、興味を持っています。

実際にやるかどうかは分かりませんが、僕が仕事をする選択肢のひとつです。

朝から、暗い顔して会社に行くくらいなら、会社を買い取って、元気に仕事をした方がいいかもしれません。

といっても、売ってくれるかどうか、分かりませんがね。

売る方も、適当そうなサラリーマンには、売りたくないでしょうし。

やっぱり、僕みたいなポンコツじゃあ、ダメかもしれないな。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。