ゆとりが無いと思いやりなんて持てないよ。神様・仏様じゃあるまいし。

 

こんにちは。たかです。

またしても、変なタイトル付けちゃいました。

このタイトル、妻が言い放った言葉です。

なんか、実感こもってました。

これは、妻の経験から、発せられた言葉だと思いました。

仕方のない事ですが、過去に、こんなことがありました。

家庭の空気を変えてしまうくらいピリピリしている

妻は以前、昼過ぎまでのパートをやってました。

まだ、子供たちも中学・高校生のころです。

お金がかかる時期でしたので、僕がお願いして、妻にも働いてもらってました。

本人も、そんなにイヤでは無かったようなので、快く応じてくれていました。

ですが、その時は、ピリピリした空気が、家中に充満していました。

妻は、朝から家事をして、バタバタと仕事に行く。

特に、子供たちは、朝起きないので、手を焼いていたようです。

帰ってきたら、今度は、食事の用意や、その他の家事。

まったく、余裕なんて無かったみたいです。

ピリピリもしますよね。

こういった空気感は、子供たちが察知するのが早いです。

娘の方は、母親がピリピリしている時は、近寄らない様にしていたようですが、息子はお構いなしです。

ズケズケと母親に文句を言いますので、親子げんかも絶えなかったですね。

もし、あの時、妻が仕事をしていなかったら、もう少し、心に余裕が持てて、子供たちにも優しく接することが出来たんじゃないかって、思います。

『~でなければならない』って思っていた

みなさんは、いかがですか?

こんな風に、思っていませんか?

僕は、出来るだけ、こんな考え方は止めるようにしました。

出来ない時も、多いですけどね・・・

妻は、人一倍、この考え方が強かったと思います。

そんな風に、躾けられてきたんでしょう。

たとえば、『子供は、こうならないといけない』とか、『家事は、完璧でないといけない』とか・・・

僕は、何年も、『~でなければならない』は、止めよう!って言ってきたんですが、心底理解してくれるまで、かなりの時間がかかりました。

今では、『どうでもいいよね!』って言葉が増えましたね。

だから、僕の早期退職も認めてくれたんだと思います。

妻曰く、『会社辞めても、何とかなるよね』って。

今って、思いやりが減ってないかな

僕は、こう感じています。

パワハラなんかも、思いやりがあれば、そんな行動にはならないと思うんですよね。

自分の評価や業績を上げるために、部下に酷い言葉や仕打ちをする。

要は、自分の事だけしか考えていない・・・・

これって、国のトップにも、増えていると思います。

自国の利益を優先して、力任せに、他国に脅威をあたえる。

これって、絶対に良くないし、平和とか幸せにならないと思っています。

今こそ、日本人の『思いやり』が、世界中に広まればいいのではないか?

それが、出来るのが、『日本人』ではないかと思うんです。

最後に

なんか、上から目線で、偉そうなことを言ってしました。

すみません。

僕は、思いやりを持って、この先は生きていきたいと思います。

その為には、『心の余裕』が、絶対的に必要なんだと思います。

イヤイヤ仕事をしていては、余裕は持てません。

お金が無くても、余裕は生まれません。

自分の好きなことで、ある程度のお金を得ることが出来るようになる。

そして、贅沢することなく、質素でも良い、自分の好きな時間の使い方をする。

これが、『思いやりを持った生き方』の方法かなぁって、感じています。

今回は、妻に教えてもらいました。

朝起きて、『今日も1日、楽しいなぁ』って思えるようになりたいです。

変なこと書いてすみません。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

「もう疲れた」と思ったときに読む本 モタさん流「心のゆとり」のつくり方 (じっぴコンパクト) [ 斎藤茂太 ]

価格:822円
(2018/11/25 15:01時点)