コンビニのオーナーにはなってはいけませんね。超ブラック企業ですよ。

 

こんにちは。たかです。

僕も、早期退職してから、何をして働こうかな?って思っていた時期があります。

こんな言い方すると、今は働く気が無いように思われるかもしれません。

そのとおりです。

働くことを、やめたいと思っています。

数年は、のんびりと、今までとは違う生き方をやってみたいと思っています。

ですが、今の貯蓄では、一生は食べていけません。

いつかは働かないと、お金が無くなってしまいます。

まあ、その時、考えようと思うんですが、1つの働き方に、『コンビニのオーナー』を検討したことがあります。

ですが、コンビニのオーナーって大変なんですね・・・

僕の家の近くにも、セ〇ンイ〇ブンがあるんですが、そこのオーナーさんって、いつも疲れています。

比較的、多くのアルバイトの方がいますし、夜中もすべて、アルバイトで経営されているようです。

儲かっているのかな?って思っているんですが、ホントのところは分かりません。

人件費が上がっている

この5年で、コンビニの人件費って、最低賃金が110円上がっているんだそうです。

これは、大きいですよね。

人数×時間で考えれば、相当なお金が、人件費としてかかっている事でしょう。

アルバイトを1人雇うのであれば、オーナーみずから働いたほうが、利益を圧迫せずに済みそうです。

粗利益の60%が取られる

コンビニは、基本的にはフランチャイズ(FC)です。

本部が経営する直営店は、ほんの数%に過ぎないんだそうです。

なので、オーナーさんは、粗利益の60%を、本部に吸い上げられるって仕組みになっているんですね。

残っている利益って、40%です。

しかも、売れ残った商品の仕入れ代金は、オーナーの自己負担なんだそうです。

ということは、利益の40%から、売れ残り商品の仕入れ代を差し引きしますので、さらに利益は少なくなります。

さらに、少なくなった利益から、人件費を出さないといけないわけです。

これは、大変ですよね。

24時間営業

コンビニって、まだ、24時間営業をやってますよね。

他のサービス業は、24時間営業をやめているところもありますが。

どんなに、お客が来なくても、24時間お店を開けておかないといけない。

そうなると、電気代とか人件費とか、経費がかかりますので負担になるでしょう。

しかも、夜中なんて、売り上げも悪いでしょうし、変なお客さんが来る確率も上がりますから、閉めたほうがいいと思うんですがね・・・

最後に

やっぱり、FCって、本部が儲かるように出来ているんだなぁって思いました。

コンビニオーナーって聞くと、なんか自由度が広がって、いろんな商売ができるのかな?って思ってしまいます。

しかも、オーナーであれば、年をとっても、仕事ができるのかな?なんて、錯覚してしまいますよね。

現実は、そんなに甘くないんですね。

本部からの指示通りに、お店を経営しないといけませんので、自由度なんて、ほとんど無いみたいです。

『オーナーになりたい』でも、ノウハウもお金もない。

一番、手っ取り早いのが、FCなんですが、やはり、どこかに落とし穴が開いてるようです。

という事で、僕は退職後にFCのオーナーになることは、諦めました。

FCって、ある意味、超ブラック企業じゃないか?

長時間労働、低賃金ですよ。

辞めようとしたら、『違約金』を払わないといけない・・・

もう、FCを一度始めたら、成功するまで頑張るしかないですね。

まあ、その中でも、多店舗経営で成功されている方も、いらっしゃるようですが、ほんの一握りの方でしょう。

どちらかと言えば、僕は、オーナーではなくて、『コンビニの夜間アルバイト』の方が、向いていると思います。

これからは、無理せず、ゆっくり生きていきたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コンビニオーナーになってはいけない 便利さの裏側に隠された不都合な真実 [ コンビニ加盟店ユニオン ]

価格:1,296円
(2018/11/30 06:35時点)