子供がいなくなった我が家の生活費はいくらかかっているのか?

 

こんにちは。たかです。

我が家の子供たちは、現在、家を出て、それぞれ生活しています。

長男は、高校を卒業してから、県外で就職しています。

長女は、高校を卒業後、専門学校に進学し、現在、寮生活をしています。

なので、子供にかかっているお金は、長女の学費だけになります。

その分は、ある程度、予測が出来ていましたので、別に確保しています。

では、子供がいなくなった現在、いくらで、生活しているのか?

妻に、なにげなく、聞いてみました。

『今って、いくらくらい、生活費って、かかるの?』って。

そしたら・・・

10万円もかからないよ

僕の単身赴任にかかっているお金を除けば、あまり、使うことは無いみたいです。

ですが、正確な数字かどうかは、不明です。

妻は、かなり、アバウトな性格をしていますでの、家計簿も、ザックリしています。

以前は、家計簿は、つけてはいるんですが、見直すことなく、書いているだけ。

そんなお方でしたので・・・

まあ、ここは妻の言う事を信用してみます。

月に、10万円で生活が出来ているのであれば、かなり、節約できているんじゃないかと思いました。

そこで、『何に、一番、お金がかかる?』って、聞いてみました。

そしたら・・・

よくわからない・・・

『ん~、やっぱり、家計簿つけているだけなんだなぁ』って、思っていました。

ですが、そのあとに、『携帯とインターネットかな?』って。

おっと、ちゃんと、家計簿を見直しているじゃないか!

エライ!

まあ、亭主が無職になるわけですから、家計の見直しくらいはしますよね。

普通は。


携帯電話はやめようかな?

会社を早期退職したら、1年間は、携帯電話は使いますが、翌年からは、やめようかなと思っています。

退職してから、1年間は、なんだかんだ、連絡があるかもしれませんが、それ以降は、連絡があるとは思えません。

仮に、連絡があっても、ろくな話じゃないでしょう。

なので、退職後1年間は使いますが、2年目はやめてみる。

もし、不都合があれば、再度、買ってみるのもいいかなと思っています。

通信費は、家計を一番、圧迫するみたいです。

光熱費と食費は増加する

僕が、実家に戻れば、確実に増えるものがあります。

それは、『光熱費と食費』です。

こればかりは、仕方がありません。

ですが、何万円も増えることはないでしょう。

そうするならば、今後の我が家の生活費は、いくらになるのか・・・

おそらく、15万円以内に、納まるんじゃないかと思っています。

甘いかな?

最後に

僕の作った『ライフプランシート』では、月に13万円で生活することになっています。

これって、かなり、貧乏な生活なんですが、もしかしたら、クリア出来そうです。

ライフプランシートでは、収入は『0』になっていますので、少しでも、収入があれば、生活も楽になります。

何か、収入を得る方法を考えないといけませんね・・・

でも、大事にしたいことは、明るく・楽しく・優しく・感謝して生きる事です。

こんな生き方をやりながら、お金になりそうなことを見つけていきます。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。