生活費14万3000円。リタイアするなら貯蓄はいくら準備するか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『50歳、資産は1億3000万円。でも早期リタイアが不安』です。

タイトルを見ただけで、『あ~、なんの参考にもならんなぁ』って思ってしまいました。

だって、1億3000万円あれば、仕事辞めたって楽勝でしょ?

ちょっと計算すれば、『ん~、大丈夫!』ってなりますよね。

まあ、途中で、変なお金の使い方をしなければ・・・の話しですが。

この記事で、僕が気になったのは、貯蓄額ではなく『生活費』です。

夫婦2人の生活費

この記事に出てくる方は、夫婦2人の生活をされています。

1か月の生活費は、なんと、14万3000円なんです。

僕の理想に近いですね。

我が家はこれ以下にしたいと思っていますが・・・

内訳をみてみると、食費5万円、趣味娯楽2万円、こづかい2万円、雑費2万5000円となっています。

ん~、まだまだ、削減出来そうですね。

雑費に2万5000円なんて、何を買っているんでしょうか?

それと、趣味娯楽とこづかいって、どう違うのか分からないんですが・・・

まあ、それはさておき、この生活費だったら、どのくらい貯蓄があればリタイアできますかね?

ちょっと、計算してみました。

90歳まで生きるとしたら

ちなみに、この方は50歳です。

僕の1歳上なんですが、貯蓄額は、全然ちがいます。

なんか、かなしいですね・・・

この方が90歳まで生きるとしたら、総額いくら生活費が必要でしょうか?

14万3000円×12か月×40年=6864万円あればいいわけですね。

1億3000万円の貯蓄がありますので、まだ、6000万円以上残ってしまいます。

もったいない・・・今すぐにでも、リタイアしたほうが良さそうです。

年金は?

この記事の中には、公的年金が書かれていませんが、国民年金のみと仮定してみます。

現在、国民年金の実際の支給額は、平均55000円です。

夫婦2人で、月に11万円もらっているみたいです。

65歳から90歳まで年金をもらったとすると、どうなるでしょうか?

11万円×12か月×25年=3300万円もらえることになります。

こう考えると、公的年金って、デカいですよね・・・

この方の90歳までの生活費は6864万円です。

年金額は、3300万円ですから、必要な貯蓄額は、6864万円ー3300万円=3864万円となります。

マジで、この人、楽勝で完全リタイアできますね。

ケチケチせずに「お金が貯まる法」見つけました! 年間貯蓄額を1年で6倍にしたFPが、自分で試して証明済み (王様文庫) [ 風呂内 亜矢 ]

価格:734円
(2019/9/7 15:54時点)

最後に

逆に考えてみると、50歳で4000万円持っている人は、完全リタイア出来るってことですよね。

ただし、生活費を14万3000円にしないといけませんが・・・

独身の方なら、この金額で生活することなんて可能ですよね。

僕も、4000万円あれば、このまま完全リタイアが出来るんですが・・・

残念ながら、そんなにお金はありません。

ならば・・・

生活費をもっと、抑えるしかありませんね。(働きたくないので・・・)

この記事は、まったく参考になりませんでしたが、『このくらいの生活費にすれば、完全リタイアも夢ではない!』ってことに気がつきました。

ちょっと、遅いですが。

貯蓄4000万円ある方、50歳になったら、仕事しなくていいかもです!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。