単身赴任をするとお金がかかる。でも、もっと大事なのものを失っている

 

こんにちは。たかです。

僕が単身赴任を始めたのは、約8年半前です。

まだ、子供が小学生の6年生と5年生だったんで、単身赴任をすることにしました。

子供の学校を変えるのは、可哀そうですからね。

我が家の子供たちは、小学3年生と2年生の時に、転校した経験があります。

子供ながらに、つらかったそうです。

その時は言わないんですが、大きくなってから、『あの時は、きつかったよ!』って、文句言われました。

なので、あまり、転校はさせない方がいいです。

でも、サラリーマンって、転勤がつきものですよね。

子供を転校させないためには、おとうちゃんが、単身赴任をするしかありません。

僕も、そうでした。

ですが、単身赴任には、大きな問題が発生します。

それは・・・

お金がめちゃくちゃかかる

今日、こんな記事を見つけました。

『30代共働き夫婦、単身赴任の夫の帰省費がかさみ貯金ができない』です。

旦那さんが、単身赴任をされているんですが、かなりのお金がかかっています。

この旦那さんの生活費は、月に7万円。

まあ、これくらいは、かかるでしょうね。

少ない方かもしれませんね。

僕の周りの単身赴任者は、10万円くらい貰っているみたいです。

ですが、この10万円は、『帰省費』込みの額のようです。

今回の記事になっている旦那さんの場合、『帰省費』は別のようなんです。

帰省費はいくらかかっているのか?

なんと、15万円。

え~、って額じゃありませんか?

生活費より、かかっていますね・・・

『なぜ、こんなに帰省費がかかるのか?』って思いませんか?

理由は、これです。

毎週、帰省している

月に1回くらいで、良いんじゃないかって思うんですが・・・

でも、毎週、家に帰りたくなる理由があるんです。

それは、子供です。

2人いるようなんですが、6歳と1歳。

かわいい盛りですよね。

『少しでも、子供たちと一緒にいたい』って気持ち、よく分かります。

ですが、こんなに帰省費を使っていたら、家計がもちませんよね。

僕だったら、どうするか?

ん~、おそらく、月に2回だけ帰るようにすると思います。

出来るだけ、3連休とか、長い休みの時には、帰れるようにしたいですね。

1回の帰省費が、約4万円かかってるそうですので、月に2回にすれば、約8万円浮きます。

毎月、8万円浮いたらどうですか?

かなり、生活は楽になりますよね。

最後に

出来る事なら、単身赴任はしない方が良いです。

今回の記事の様に、お金もかかりますし、子供たちとの時間も無くなります。

お金は、稼げば何とかなりますが、時間は戻ってきません。

僕も、子供たちと一緒にいる時間が少なかったので、ちょっとだけ後悔してます。

逆に、妻との時間は短かったので、良かったかもしれません。

会えば、話すことも多いし、けんかすることも少なくて済みますからね・・・

これからは、妻と子供たちと、今まで失った時間を取り戻したいと思っています。

サラリーマンって、ほんとに、つらい仕事ですね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。