福岡にも緊急事態宣言!月収8万円の我が家に影響あるのか?

 

こんにちは。たかです。

どうやら、僕が住んでいる福岡県にも、緊急事態宣言が出たようです。

どうして、福岡県に出るのか?

なぜ、愛知県や北海道には出ないのか?

ネットで検索してみると、ここ最近の感染者数が、福岡県は急増しているかららしい・・

ホントかどうか知りませんが。

まあ、そんなことは、どうでもいいんです。

この緊急事態宣言が、我が家に与える影響は何か?

それが、大事です。

ちょっとだけ、考えてみました。

影響ないかな?

我が家には、小さな子供はいません。

息子は社会人、娘は県外の専門学校に通っています。

ですので、『休校になって、ストレスがたまる~!』なんてことはありません。

僕の場合、愛犬君のお散歩に行くとき以外は、ほとんど、外には出ません。

娘の部屋で、ひとりきりです。

なので、密閉空間にはいますが、密集・密接になることはありません。

ってことは、僕の場合、緊急事態宣言が出ても、全く影響を受けないかもしれませんね。

妻のアルバイトは?

妻は、アルバイトをしています。

貴重な収入源です。

正確な稼ぎは知らないんですが、おそらく、月5万円くらいはあると思います。

もしかしたら、緊急事態宣言が出れば、妻のアルバイトは無くなってしまうかもしれませんね。

そうなれば、我が家の収入は、僕のブログ収入と株の配当金ってことになります。

ホントに、たいした金額ではありません・・・月に3万円くらいですから。

なので、現在の我が家の収入は、月収8万円、年収96万円ってところです。

正真正銘の『住民税非課税世帯』ですよね。

ん?

ってことは、30万円もらえるのか?

月収半減!

もし、妻のアルバイトが無くなったら、月の収入8万円のうち、5万円が無くなってしまいます。

ってことは、収入が半減したってことになりますよね。

その結果、月収は3万円になり、年収は36万円になるわけです。

誰がどう見ても、『住民税非課税世帯』です。

ちなみに、国が出している現金給付(案)の対象者は、以下のとおりです。

●収入が住民税非課税水準にまで落ち込んだ世帯

●月収が半分以下に減った世帯でも、住民税非課税水準の2倍以下になった世帯

我が家の場合、月収は半減以上ですし、住民税非課税水準まで、落ち込んでいます。

ただし、ちょっと、問題があります。

それは・・・

まず、そもそも、住民税非課税世帯であること。

月収が減る前から、住民税非課税水準なんですよね・・・

これでは、ダメなんですかね。

それと、世帯主の収入が減った場合に限られれば、ダメかもしれませんね。

だって、世帯主は妻ではなく、とりあえず、僕ですからね。

最後に

ってことで、緊急事態宣言が出たからと言って、我が家は、あまり影響は無さそうです。

妻のアルバイトも、人手不足なので、解雇されることも無さそうですし。

仮に解雇されても、現金給付の申請をするつもりはありません。

だって、担当の窓口は、密閉・密集・密接状態でしょうからね。

自ら、コロナをもらいに行くようなものです。

30万円もらっても、一緒に、コロナまでもらったんでは、意味がありません。

もしかしたら、命を落とすかもしれませんからね。

あと1か月くらいは、外出を自粛して、コロナに感染しないよう、感染させないような行動をしたいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。