配当金が無かったら70万円は損してる。株の才能ないな・・・

 

こんにちは。たかです。

今月は、株の配当金がいろんな会社から入ってきました。

いまのところ、今年の配当金は約6万円くらい、頂いています。

ホントに、うれしいですね・・・

僕の場合、配当金は再投資に回しています。

妻からは、『焼き肉食べに行こう!』とか『温泉に行こう!』など、いろんな誘惑をされるんですが、お断りしております。

なぜかっていうと、実は、損しているからなんです。

数年前から株を本格的に買うようになったんですが、もし配当金がなかったら、約70万円くらい赤字になっております・・・

ド素人が、株を買うとこんな事になるんですね。

配当金があるので、なんとか、トントンなんです。

焼き肉とか温泉に行っていたら、大赤字になってしまいます。

配当金を生活費の足しにする

今の僕のライフプランでは、70歳まで生きていける計算になっています。

要するに、70歳で貯金が底をつき、その後は、年金か生活保護で生活しないといけないわけです。

ですので、『退職金で株を買って、配当金を生活の足しにしたらいいんじゃないか?』と考えてた時があります。

我が家の場合、年間で250万円あれば、余裕で生きていけます。

仮に、3%の利回りの株を3000万円分買うとすれば、年間90万円はいってくることになります。

配当金の90万円をすべて生活費に回したとしても、160万円が不足することになります。

この生活を20年間やるとしたら、20年×160万円=3200万円が貯金として必要になります。

株に投資をする3000万円、生活費の3200万円、合わせて6200万円が必要だってことになります・・・

もし、これが可能であれば、70歳からは、配当金90万円と年金で生活することになりますので、かなり楽になりますよね。

ですが・・・

そんなにお金はありません。

投資には問題もある

問題は、20年間も配当金があるのか?

もう一つは、評価額が下がるんじゃないか?

この2点です。

配当が出なくなったら、意味ありません。

さらに、3000万円で買った株が、2400万円にでもなったら、大変です・・・

20%くらい株価が下がることなんか、不思議じゃありませんからね。

最後に

僕なりの結論としては、『才能がない』『勉強しない』、この2つに当てはまるような人は、投資はしない方がいいですね。

ハイ、これ、僕のことです。

なんとか、配当金で赤字をカバーしているくらいですからね・・・

老後資金が2000万円足りないからといって、株の投資をはじめるのは危険だと思います。

しかも、退職金を全額投入するのは、一番危険な行為だと思います。

若いうちから、少しずつ投資していくのがいいでしょうね。

サラリーマンとして、収入があれば、なんとか破産せずに済みますし・・・

僕は、これ以上の投資は、やめておきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。