高齢無職夫婦って、こんなにお金を使うのか?我が家と比較してみた。

 

こんにちは。たかです。

『老後2000万円問題』が出てから、節約生活を始めた方も多いかもしれません。

あるいは、投資を始めた方もいらっしゃることでしょう。

年金だけでは、生活費が月に約5万円足りないんだそうです。

年間では、60万円になります。

仮に、65歳から年金を受け取り、95歳まで生きたとすれば、30年あります。

ってことは、60万円×30年=1800万円が足りないってことになります。

これが、老後2000万円問題の根拠だと思います。

今日、こんな記事を見ました。

『支出は3割も減る?「定年夫婦2人家庭」の家計簿』です。

この記事の中に、高齢無職夫婦の生活費が書かれていました。

我が家の場合、高齢ではありませんが、ほぼ無職世帯です。

ちょっとだけ、比較をしてみました。

高齢無職夫婦の家計簿とは?

総務省が毎年実施している『家計調査(家計収支編)・2019年平均詳細結果表』から作った家計簿だそうです。

ここでは、高齢無職夫婦とは、『夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯』のことを指しています。

ちなみに、我が家は、『夫51歳・妻48歳の母と同居するほぼ無職世帯』です。

さて、高齢無職夫婦の家計簿は、どうなっているんでしょうか?

・食料:66,458円

・住居:13,625円

・光熱費:19,983円

・家具・家事用品:10,100円

・被服・履物:6,065円

・保険医療:15,759円

・交通・通信:28,328円

・教育:20円

・教育娯楽:24,804円

・その他:54,806円

・交際費:25,749円

・仕送り:1,134円

合計すると、約24万円になるんだそうです(ちょっと、計算合わないんですがね・・・)。

この家計簿と、我が家の家計簿を見て、違いを探してみました。

月15万円以内で生活できる

まずは、合計金額です。

今、我が家の場合、だいたい、月15万円以内で生活出来ています。

なので、全国の高齢無職夫婦と比べて、約9万円くらいは少ないですね。

月9万円ってことは、年間では108万円です。

30年だと、3240万円にもなります。

これは、ものすごい違いですよね。

何を食べているんだろうか?

この記事によれば、食料が、月に約6万5000円もかかっています。

我が家の場合、外食を入れても4万円にもなりません。

何を食べているんだろうか?

もしかしたら、奥さんがご飯を作るのが面倒になって、外食が増えているんだろうか?

そんな時は、我が家の場合、冷凍食品を食べていますけどね。

これなら、僕にでも、作ることが出来ます。

作るというより、温めるだけなんですがね。

趣味娯楽と交際費って?

趣味娯楽と交際費で、月に5万円以上使っています。

これって、何なんでしょうか?

旅行費用なんかも、月割りで入っているんでしょうかね?

それにしても、年間で60万円にもなります。

夫婦で旅行に行っても、10万円もあれば十分です。

年に2回行っても、20万円にしかなりません。

まあ、贅沢な旅行をすれば、もっとかかるかもしれませんがね。

あるいは、月のおこづかいが2万円とか使っているんでしょうか。

そうすれば、夫婦で4万円が必要になりますから。

我が家の場合、旅行に行っても10万円くらいしか使いません。

しかも、年に1回くらいしか行きませんし。

おこづかいは、夫婦で1万円も使ってないですね・・・

その他って?

いちばん分からないのが、『その他』ですね。

月に5万円以上、消費しています。

ってことは、年間では60万円以上になります。

我が家では、こんな家計簿は許されません。

ちゃんと、何に使ったかを明確にしています。

でも、いったい、何に月5万円も使うのかな・・・

50代から老後の2000万円を貯める方法

新品価格
¥1,540から
(2020/4/20 11:05時点)

最後に

こうやって見てみると、今の高齢の方って、裕福な生活をしているのかもしれません。

バブルの影響があるのかな・・・

僕なんか、バブル崩壊後に社会人になったので、良い思いはしたことありません。

もっと、質素に生活したら、月15万円くらいで生活出来そうです。

仮に、年金が15万円もらえるのあれば、貯金なんか、少なくても何とかなりそうです。

我が家の場合は、貯金も少ないし、年金も少ないので、より質素な生活を目指していきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。