みなさん、友達っていますか?僕は、いません。人が苦手です・・・

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、友達っていますか?

まあ、友達の定義が難しいですがね・・・

会社の同僚を友達と言うのか・・・

『友達』を辞書で調べてみたら、こう書いてありました。

『互いに心を許し合って、対等に交わっている人』だって。

となると、会社の同僚は、友達とは言えませんかね・・・

だって、対等でないケースの方が多いんじゃないでしょうか?

そんな中、こんな記事を見ました。

『2人にひとり「友だちがいない」50代男性の衝撃。“一人のほうが楽”に危険な落とし穴』です。

さて、どんな内容だったのか?

友達いますか?

この記事の中に、50代の男性400人を対象に実施したアンケートの結果が書かれていました。

それによると・・・

『プライベートで誘えるような友だちはいますか?』の質問に対し、答えは、こんな感じだったようです。

・いない 16.8%
・ほとんどいない 12.8%
・パッと思いつかない 7.6%
・多分いる 13.8%
(ここまでの計51%)
・いる 49%

はっきりと、『いない』と答えたのは、16.8%だったようですね。

僕は、この16.8%に含まれます。

おそらく、『いる』とはっきり答えられた人以外は、実際には、友達はいないんだと思いますがね・・・

『友だちがいない・・・』なんていうと、かっこ悪いから、あやふやな返事をしたんじゃないでしょうか?

友達って必要?

正直なところ、僕自身は、『友だちって必要かなぁ・・・?』って思っています。

僕は、人間関係が苦手なので、余計に、そんな風に思ってしまいます。

まあ、今は、妻がいますので、話し相手になってくれますから、そう思うのかも知れませんけど。

もし、妻が先に逝ってしまったら、どうしようかな・・・

話し相手が欲しくなったら、どうしようかな・・・

以前から、そんなことを考えていました。

そこで、僕が出した答えは、『近くの居酒屋に飲みに行く!』ってことです。

たとえば、毎週金曜日に、近くの居酒屋に行く。

そうすれば、お店の人も僕の顔を覚えてくれるでしょうし、お客さんとも顔見知り程度にはなれることでしょう。

そこで、いろいろ話が出来れば、それでOKだと思います。

それ以上の深い人間関係になるのは、ちょっと面倒ですかね・・・

『今度一緒に、旅行に行こう!』なんて誘われても、気がすすみません・・・。

最後に

友達とは、『互いに心を許し合って、対等に交わっている人』なんだそうですが、今まで、そんな人いたかな?

学生時代の友達くらいかな・・・

特に、大学時代の友達は、そんな関係だったような気がします。

逆に、仕事関係の人には、そんな人はいませんでしたね・・・

そして、今は、会社関係の人には、ほとんど連絡をしなくなりました。

まあ、会ったとしても、会話が合わないんですよね・・・

バリバリ仕事をしている人と、無職のおっさんでは、住む世界が違いすぎます。

だんだんと、ズレて行っているんですね・・・

なさけない限りですが、この先も、妻と一緒に、のんびり生きていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。