マイホームって必要かな?終の棲家だけ準備出来れば・・・

 

こんにちは。たかです。

結婚されて、お子さんがいらっしゃらないご家庭も、多いと思います。

理由は、さまざまでしょう。

でも、そういったご家庭って、いろんなことが出来ますよね。

アーリーリタイアも、簡単にできるかもです。

今日、こんな記事を目にしました。

『43歳貯金1700万円。夫婦ともに40代ですがマイホーム購入しても大丈夫?』です。

どうやら、マイホームを購入されようとしているようです。

ですが、このご家庭は、お子さんがいらっしゃいません。

マイホームは買えるのか?

もし、マイホームを買わなかったらどうなるのか?

ちょっとだけ、考えてみました。

登場するご家庭は?

旦那さん41歳、奥さま43歳です。

月の収入は、旦那さんが37万円、奥さまが17万円です。

合わせれば、37万円+17万円=54万円の収入があります。

ボーナスは、年間で130万円あるようです。

ってことは、世帯年収としては、約900万円くらいになるんでしょうか?

ちなみに、貯金は、1700万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅費:7万円

・車両費:1万5000円

・食費:7万円

・光熱費:1万円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:5万円

・こづかい:13万円

・雑費:3万円

・保険料:3万円

合計すると、約42万円くらいになります。

月の収入が54万円ですから、54万円ー42万円=12万円を貯金することが出来ます。

年間では、12万円×12か月=144万円になります。

ボーナスからは、20万円を貯金しているようです。

ってことは、年間では、144万円+20万円=164万円を貯金しているわけです。

マイホームっていくら?

では、いくらの家を購入予定なんでしょうか?

なんと、4000万円なんだそうです。

頭金を500万円入れて、3500万円の住宅ローンを組むようなんです。

仮に、旦那さんの定年までの19年間で、完済するとします。

そうなると、月の支払いは、約16万円になります。

現在、家賃が7万円ですから、9万円出費が増えることになります。

年間では、9万円×12か月=108万円出費が増えるわけです。

ってことは、年間の貯金額は、164万円ー108万円=56万円になってしまいます。

あと19年間では、56万円×19年=1064万円を貯めることが出来ます。

今の貯金から、頭金を先引くと1700万円ー500万円=1200万円です。

合わせて、1064万円+1200万円=2264万円が、60歳時点の所持金になります。

ん~、ちょっと、60歳リタイアはきびしいかもしれませんね・・・

だって、月の生活費が、家賃を差し引いても、42万円ー7万円=35万円です。

年間では、35万円×12か月=420万円必要なわけです。

ってことは、2264万円÷420万円=約5年で、貯金は底をつくんです。

年金をもらう前に、無一文になってしまいます。

ぼくならこうする

家を買わなかったら、年間で164万円を貯金出来ます。

すると、旦那さんが定年までに、164万円×19年=3116万円を貯めることが出来るんです。

今の貯金は1700万円ですから、合わせれば、1700万円+3116万円=約4800万円になります。

ここで、安い物件を購入します。

若い時は、賃貸に住んで、年を取ってからは、格安物件を買った方が良いと思います。

その方が、固定資産税も払わなくていいし、家のメンテナンス費もいりません。

家のローンを払うより、夫婦2人で、お金を使って楽しんだ方が良くないですかね?

最後に

もし、月の生活費を、10万円カットすることが出来たら、どうなるでしょうか?

10万円×12か月×19年=2280万円の貯金を上乗せすることが出来ます。

すると、60歳時点は、7000万円の貯金があるってことになります。

しかも、資産運用していたら、1億円は超えるかもしれませんね・・・

そのくらいいあれば、60歳の時に、立派な家を建てることも出来るでしょう。

若いうちは、出来るだけ、家はもたない方が良いです。

家は、金食い虫ですからね・・・

税金、メンテナンスで、想像以上にお金がかかりますから。

年を取って、終の棲家を買うくらいの感覚でいいんじゃないですかね。

住宅ローンって、ホントに、苦しいですからね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。