努力するって苦しくないですか?そうなんだろうか?

 

こんちには。たかです。

さっきまで、後輩とお酒を飲んできました。

かなり、ベロンベロンなんですが、書いてみたいと思います。

後輩といっても、40歳です。

僕なんかより、要職についている後輩なんです。

そんな彼が、『努力するって、辛くないですか!』って。

売り上げを上げるために努力する。

部下を育てるために努力する。

つらくって、しかたないんだそうです。

流石に、酔っ払っている僕でも、『どういうこと?』って思いました。

僕の思いを書いてみたいと思います。

努力ってなんだろうか?

僕が思う努力とは、『目標に向かって行動すること』です。

野球選手であれば、バットの素振りをしますし、マラソンランナーなら、走りますよね。

これって、勝ちたいとか、優勝したいとか、目標に向かってやっている事じゃないでしょうか?

一般的には、『努力』っていうのかもしれません。

これはつらいことなのか?

目標に向かって行動することって、そんなにつらいことでしょうか?

みなさん、いかがですか?

僕は、そうは思いません。

『こうしたら、うまくいく』とか、『ああやったほうがいい』とか、いろんな考えが浮かんで、逆に、楽しくないですかね?

こんな、バカなことを考えるのは、僕くらいのもんでしょうか。

つらいって事は、目標じゃないんじゃないの?

後輩の話しを聞いていて思ったのは、『それは、君が目標とおもってないんじゃないか?』って事です。

『売り上げを上げたい』とか、『部下を育てたい』とか、そんなことが、目標としてないから、つらく感じるんじゃないのか?って。

目標としていれば、それに向かっている途中に、つらいと感じることは少ないと思うんです。

たしかに、思うように進まなければ、つらいと思う事もあるかもしれません。

ですが、何とか立て直すことも出来ると思うんです。

彼に伝えたこと

老婆心ながら、40歳の彼に、こう伝えました。

『死ぬほどつらいならば、辞めた方が良い。でも、今のつらさは、うまくいかないことに、苛立っているだけ。本当に、自分がやりたいことを、貫いた方が良い』って。

彼は、泣いていました・・・

何でかは、分かりません。

花粉症かもです・・・

最後に

そういえば、僕の生涯最後の商談ですが、成約しました。

何故なんだろう?

まあ、人生なんて、そんなもんですかね。

やっぱり、明るく・楽しく・優しく・感謝して、今後の人生を歩んでいきたいと思います。

酔っ払って、ブログは、今後、絶対にやめたいと思います。

今日だけ、お許しください。

支離滅裂で、申し訳ありません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。