お花見まで自粛するのかなぁ?経済効果は約40%減少するらしい。

 

こんにちは。たかです。

東京都は、お花見の宴会の自粛要請をしているそうです。

そこまで、必要なんですかね?

まあ、禁止じゃないので、やってもいいんでしょうが・・・

あまりにも大人数でやっていたら、チェックされるんでしょうか?

さて、関西大学の試算によれば、2020年のお花見の経済効果は、約3982億9823万円と、例年に比べ38.9%減になるらしいです。

その原因は、こんな感じです。

・コロナウイルスの影響による訪日外国人の大幅減少

・コロナウイルスの影響による日本人のお花見客の減少

・大勢の人々が集まるイベントの自粛要請

・お花見の宴会の自粛要請

どれも、コロナウイルスに関連していますよね。

イベント開催の条件は?

コロナウイルスって、どんな環境だと感染しやすいのか?

大阪府が『イベント開催の3原則』を出しています。

それには、こう書かれています。

『2方向の窓を同時に開けるなど換気の徹底』

『人の間の1~2メートルの距離確保』

『近距離での会話回避』です。

ん・・・お花見って、この条件に当てはまりませんかね。

そんなに危険?

まず、換気に関してです。

お花見の時って、風が強くないですか?

2方向どころじゃありません。

あっちこっちから風が吹きますから、換気は抜群だと思います。

それから、人との距離。

最低でも、1mは離れているんじゃないでしょうか?

もし、不安なら、今回は、意識的に距離を取るようにすればいいことですしね。

最後に、会話の回避。

これは、難しいですね。

お花見しているのに、まったく、会話しないってことは出来ません。

でも、マスクをしていれば、かなり感染予防できるんじゃないでしょうか?

といっても、そのマスクがありませんでしたね・・・

ですが、人と人の距離を取って、風が吹いていれば、ウイルスは飛んでいくと思いますがね。

そう考えると、お花見は、他のイベントに比べて、感染リスクは低いんじゃないのかな・・・

最後に

我が家では、お花見に行く予定にしています。

といっても、家族だけなんですがね。

町内のお花見は、いまのところ、『検討中』になっているようです。

まあ、お年寄りが多いので、安易に開催して、感染症が広まるのを恐れているようです。

その気持ちも分からないでもないです。

でも、お花見は、この時期しかできません。

しかも、外出自粛生活が長くなると、ストレスがたまっている人も多いことでしょう。

せっかくいい季節ですから、リスク管理をして、開催するものいいんじゃないですかね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。