所得と資産によって社会保障は変わるのか?対策はあるのか?

 

こんにちは。たかです。

国も、いろいろと迷走しているみたいですね・・・

今度は、『全世代型社会保障』という名目で、社会保障制度を変えようとしているようです。

社会保障制度の中には、『年金』、『医療』が含まれます。

アーリーリタイア者からすれば、とっても、大事なことですよね。

もし、『年金半額!』なんてことになったら、死んじゃいますよ・・・ホントに

では、これを、どう変えようとしているのか?

負担能力とは?

なんと、『年齢ではなく、負担能力によって、負担の在り方を決める範囲を拡大すべきだ』と言っているようなんです。

現在、医療費なんかは、年齢と所得によって、自己負担額が変わってきますよね。

それを負担能力によって、変えようとしているみたいです。

では、負担能力って何なんでしょうか?

どうやら、『所得と資産』のことのようです・・・

まあ、所得は分かりますが、資産って何なんですかね?

貯金?株?家?土地?・・・・

もしかしたら、『あなたは、貯金がたくさんありますから、年金減らします!』なんてことが起こるんでしょうか?

あるいは、『あなたは、マンションを所有していますから、医療費は3割負担です』なんてことになるんでしょうか?

タンス預金しかない

もし仮に、貯金額によって、社会保障の負担額を変えるのであれば、資産隠しをする人が増えるんじゃないですかね。

銀行預金とか株の購入など、すぐにバレてしまいます。

多額の生命保険に加入しても、バレてしまいますよね・・・

いちばんいい方法は、タンス預金かもしれません。

タンス預金なら、誰にもバレません。

ですが、今度は、強盗とか空き巣が多くなるでしょうね。

だって、みんな家の中にお金を置いているわけですから・・・

そして、お金の流れが悪くなって、景気も悪くなるでしょう。

すべて面倒みてくれるなら・・・

もし、資産ゼロになったら、生活すべての面倒をみてくれるのであれば、それもいいかもしれません。

まあ、生活保護のような感じですかね。

国民、全員が貯金などせず、全部使い切ってしまう。

資産がなければ、多額の年金が出て、教育費も医療費もタダ。

介護になっても、国ですべて面倒をみる。

そうなるのであれば、資産に応じて、負担してもいいかもしれません。

いまこそ税と社会保障の話をしよう!

新品価格
¥1,760から
(2019/12/11 11:05時点)

最後に

バカなことを書いてしまいました・・・

ですが、『年金』と『医療費』は大きな問題です。

高齢者が増えると、この2つは、どんどん膨らんでいきます。

どこから、その原資を調達するのか?

国は、税金を取って、財源を作ろうとしています。

その犠牲者が、現役世代の若い人たちです。

その負担を少なくするために、お金を持っている高齢者には、負担させようという事でしょう。

であれば、高齢になったら、お金は持たない方がいいのかも。

若いうちに使い切ったほうが、得するんでしょうか?

なんだか、それも、理不尽に思えるんですがね・・・

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。