ガソリン代200円超える?いや、もっと上がるんじゃないか?

 

こんにちは。たかです。

今日は、日経平均株価が大暴落しました。

-764円です・・・

なぜ、そんなに下落したのか?

いろんな理由はあると思うんですが、いちばんの原因は、『原油高』だと思います。

今日、一時、130ドルになりました・・・

これは、2008年以来の高値なんだそうです。

このままいくと、ガソリン価格はどうなるんでしょうかね?

200円を超える?

今日、こんな記事が出ていました。

『ウクライナ情勢の緊張高まりガソリン1リットル『200円』が現実味「もうチャリ通しろっていいたいの?」SNSで悲鳴相次ぐ』です。

この記事によれば、『ガソリン1リットル200円が現実味を帯びてきた』と書かれています。

しかし、現状はどうなんでしょうか?

ガソリン価格比較サイトによると、3月6日時点の全国平均価格は、170円なんだそうです。

ってことはですよ・・・

この前まで、1バレルあたり100ドルくらいだったわけです。

そして、今、それが130ドルくらいになっているんです。

ということは、1リットル200円じゃ済まないんじゃないですかね?

もし、もっと原油価格が上がっていけば、1リットル300円くらいになってもおかしくないかも・・・

そうなれば、お金をバラマキながら、車を走らせているようなものです・・・

25円だけ?

こうなってくると、さすがに、岸田さんだって、対策を打ってくれるようです。

なんと、『石油元売り会社に支給する補助金を1リットルあたり5円から25円に引き上げる』んだそうです。

今、5円の補助金が出ているんですが、まったく、効き目ありません。

そもそも、石油元売りにお金を出すことで、価格抑制になっているんだろうか?

さらに、今回のように原油価格が高騰したら、25円では効果は薄いと思います。

コロナで生活が苦しくなっているわけですから、国民にもっとお金を出すべきじゃないでしょうかね・・・

みなさんは、どう思いますか?

最後に

ドイツも、ロシアから天然ガスや石油を輸入できなくなったので、かなり、苦しいみたいですね。

発電するためには、原発を再稼働させるか、あるいは、こっそりロシアから輸入するか・・・

ん~、資源のない国は、立場が弱いですね・・・

それに比べて、アメリカは、余裕でしょうね。

資源大国ですからね・・・

ロシアの資源を禁輸にして、アメリカの資源を高く売りつけるつもりなのか?

今回の戦争では、アメリカがいちばん儲けたのかもしれません。

あと、中国かな・・・

ロシアからの資源を、かなり安く買いたたいたでしょうからね。

そう考えると、もしかしたら、アメリカと中国は裏でつながっているのかも・・・

なんてことを妄想しております。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。