送別会はやるな!と言いながら、自分たちはやるんだな。止める人はいなかったのか?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんなニュースを見ました。

『厚労省の職員23人が深夜まで宴会』です。

どうやら、人事異動に伴う送別会をやっていたそうです。

しかも、夜遅くまで。

どういうことなんですかね・・・

国民には、『歓送迎会や卒業式に伴う謝恩会も自粛しろ!』と言っているのに・・・

自分たちは、特別だとでも思っているのか?

見つからないとでも思っているのか?

会社では禁止になっている

僕が勤めていた会社では、社員同士の飲み会は禁止になっているそうです。

なので、送別会もないし歓迎会もない。

多くの会社では、そんな感じになっているんじゃないですかね。

なのに、官僚が夜遅くまで飲み会をやっているなんて・・・

もう、国民は、国の言うことには従わなくなるでしょうね。

温厚な僕も、今回の件は、ちょっと腹が立ちました。

どれだけ国民がガマンし、飲食店の方がガマンしているか。

みなさんは、どう思いますか?

誰か止めないのか?

もう一つ疑問なのは、『送別会はやめませんか?』と言い出す人が、官僚の中にいなかったのか?ってことです。

全員の方が、『送別会やろうぜ!』って感じだったんでしょうか?

もしそうであれば、どんだけ、頭悪いか・・・

もし見つかったら、とんでもない事になることくらい、想像できそうなものです。

最悪、コロナ感染者が出たりしたら、大変なことになります。

そこまで、想像すること出来なかったのか?

そんな人たちが、国のコロナ対策をやっているのか?

最後に

ホントに、このニュースに関して、怒りを覚えてしまいました。

まあ、禁煙中なので、イライラしているせいかもしれませんが・・・

官僚や政治家たちは、いったい、なにをしているんだ!

自分たちが、国民の見本であるってことを忘れてないか?

自分たちさえよければそれでいい。

見つからなければ、なにをやってもいい。

そんな政治家や官僚ばかりなのか?

怒りと共に、かなしくなるニュースでした・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。