住宅ローンって、奥さんのお給料を当てにしてはいけませんね・・・

 

こんにちは。たかです。

住宅ローンを組む時って、夫婦2人の収入をもとに、いくら借入できるか考えますよね。

でも、これって、時として、危険なことが起こるんだな・・・って思いました。

要するに、『奥さんが働けなくなった時、支払いをどうするか?』ってことです。

今日、こんな記事を目にしました。

『29歳貯金580万円。育児休暇中ですが職場復帰が難しく』です。

さて、どんな内容だったか?

登場するご家庭とは?

旦那さん28歳、奥さま29歳、1歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが26万円、奥さまが16万円あります。

夫婦で、月に42万円あるんですね。

ボーナスは、旦那さん80万円、奥さま60万円あるようです。

世帯年収としては、約800万円くらいでしょうか?

かなり、ゆとりがありますので、『家でも、買っちゃおうか?』なんてことになるんでしょうかね。

支出は?

このご家庭の支出は、こんな感じです。

・住宅ローン:11万円

・食費:3万5000円

・光熱費:1万5000円

・通信費:2万1000円

・趣味娯楽:3万円

・こづかい:6万円

・雑費:1万5000円

・保険:2万円

合計すると、30万6000円になります。

月の収入が42万円ありますので、毎月12万円ほど貯金が出来るわけです。

しかも、ボーナスから60万円の貯金をしているようです。

これならば、無理もなく、住宅ローンも返済できそうです。

ところが、ここで、問題発生です。

奥さまが働けない!

産後の体調が回復せず、退職されるようなんです・・・

子供を産んだ後は、気をつけないといけません。

無理をしたら、後々、大変になりますからね。

もし、奥さまが退職してしまったら、月16万の収入が無くなってしまいます。

ってことは、月の収入は、旦那さんのお給料26万円だけになります。

月の支出は約30万円ですので、毎月4万円の赤字になるんですね。

このご家庭の家計を圧迫しているのは、やはり、住宅ローンですよね。

借入金はいくらなのか?

このご夫婦が借入した金額は、4410万円なんです。

35年ローンで、月の支払いが、11万円になるんですね。

もし、あと4万円、月の支払いが少なければ、旦那さんのお給料だけでなんとかなります。

仮に、月の返済額が11万円ー4万円=7万円であれば、いくら借入が出来たでしょうか?

計算してみると、約2500万円になります。

この辺りでローンを組んでいたら、無理なく返済出来たんじゃないでしょうかね。

最後に

住宅ローンを組むときは、夫婦どちらかの収入で返済できるようにした方が、いいんじゃないでしょうかね。

出来れば、旦那さんの方がいいのかな?

奥さまは、出産などあると、その後、職場復帰が出来るかどうか分かりませんから。

今回のご夫婦のように、奥さまが働けなくなった時、返済に困ってしまいます。

もし、復帰できれば、どんどん繰り上げ返済をすればいいだけですから。

頭金を作って、借入額をできるだけ減らしてから、ローンを組むのも、ひとつの方法かもです。

家を買うって、ホントに、悩ましいですよね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。