共働きで世帯年収600万円。3000万円の家を買うことは可能か?条件付きでOKかも。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『32歳会社員、手取り25万円。3000万円の住宅購入を希望』です。

手取り25万円で3000万円の家を買う・・・

みなさんなら、どう思いますか?

僕なら、ちょっと、ためらうかもしれませんね。

ところが、よく記事を読んでみると、奥さまも働いているんです。

この条件なら、どうなんだろうか?

ちょっとだけ、考えてみました。

登場する方は?

旦那さん32歳、奥さま29歳、お子さんがひとりいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが25万円、奥さまが14万円です。

合わせると、月に39万円の収入があることになります。

ボーナスは、年間で45万円あるようです。

ちなみに、貯金は600万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・家賃:10万5000円

・食費:3万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:2万円

・こづかい:3万円

・保険料:7万円

合計すると、29万円になります。

月の収入は39万円ですから、39万円-29万円=10万円を貯金することが出来ます。

年間では、10万円×12か月=120万円を貯めることができそうです。

ボーナスをどう使っているか分かりません。

もし、全額貯金しているのならば、年間で120万円+45万円=165万円を貯金していることになります。

さてこの状況で、3000万円の家を買うとなると、どうなるでしょうか?

3000万円のフルローン

仮に、金利1%、28年返済で3000万円のフルローンを組んだとします。

すると、月の支払額は、約10万円くらいになります。

現在、家賃として10万5000円を支払っていますので、月の生活費としては変化ありません。

ってことは、月に10万円の貯金を継続することが出来ますね。

ですが・・・

このご夫婦は、第2子目を望んでいらっしゃいます。

ん~、僕としては、ちょっと心配になりますね。

奥さまは働けるのか?

僕の心配事とは何か?

それは、『奥さまが、働き続けることが出来るのか?』ってことです。

子供が2人になれば、奥さまは大変になります。

家事や子育て、その上、仕事までやらないといけない。

当然、旦那さんも協力することになりますが、それでも、今以上に大変になるわけです。

もし、奥さまが仕事を辞めてしまったら・・・

月の貯金額は10万円です。

一方、奥さまの収入は14万円です。

ってことは、奥さまが仕事を辞めてしまったら、このご家庭は赤字になってしまいます。

では、そうしたらいいか?

ローン返済6万円

月のローン返済額を6万円に抑えたとします。

すると、このご家庭の月の生活費は、約25万円になります。

25万円なら、旦那さんのお給料だけで、ローンを返済しながら、生活することが出来ます。

ってことは、万が一、奥さまが仕事を辞めたとしても、生活に困ることはないわけです。

では、月6万円の返済額なら、いくら借り入れることが出来るのか?

計算してみると、約2000万円くらいになります。

ん・・・新築を買うには、ちょっときびしいですかね。

生活が落ち着いてから

僕なら、こうすると思います。

第2子が生まれて、ある程度大きくなり、生活が安定してきてから、家を買うと思います。

そうすれば、奥さまが仕事を継続することが出来るのかどうか、ハッキリするでしょう。

それまでは、お金を貯めて、住宅ローンの頭金にすればいいと思います。

そうすれば、借入金も少なくて済みますので、返済期間も短くなります。

不安定な時期に大きな買い物をすると、あとで困ることになりそうですからね。

最後に

共働きの場合、夫婦の収入をあてにしてローンを組むと思います。

でも、これって、どちらかが働けなくなると困るんですよね。

なので、どちらかの収入の範囲内で支払える金額を、借入れしたほうがいいと思います。

何が起こるか分かりませんからね・・・

『そんなこと言ったら、専業主婦の家はどうるんだ!』ってことになりますよね。

だって、旦那さんのお給料だけをあてにして、ローンを組むわけですから。

当然、それだけ、リスクが高いってことになるわけです。

旦那さんの会社が倒産したら、ローンは払えなくなりますからね。

そう考えると、何千万円も借金するって、こわいですね・・・

今の会社は、いつ、リストラを始めるか分かりませんから。

住宅ローンを組む際には、よーく考えたほうがいいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。