共働きで世帯年収900万円。かなり余裕の生活が送れるんだな・・・

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『32歳貯金930万円。住宅を現金購入するデメリットはありますか?』です。

どうやら、貯金をして現金で家を購入されようとしています。

ローンで買うか?

それとも、現金で買うか?

悩ましいところですね・・・

僕が心配なのは、『ローン返済中に、収入が途絶えないか?』ってことです。

実際には、ローンの返済期間って、30年以上ですよね。

その間、ホントに仕事あるんだろうか?

そう思ってしまうんです。

でも、これは、人それぞれなので、何が正解かは分かりません。

それよりも、この記事を読んで思ったのは、子供なしで、世帯年収が900万円くらいになると、こんなに生活が楽になるのか・・・ってことです。

ちょっとだけ、書いてみたいと思います。

登場するご家庭は?

旦那さん32歳、奥さま32歳、お子さんはいらっしゃいません。

月の収入は、旦那さん28万円、奥さま21万円です。

合わせれば、月に49万円の収入があります。

ボーナスは、年間で100万円あるそうです。

世帯年収としては、約900万円くらいになりますかね。

ちなみに、貯金は、930万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・家賃:8万6000円

・食費:3万2000円

・光熱費:1万9000円

・通信費:2万2000円

・趣味娯楽:1万6000円

・こづかい:5万2000円

・雑費:5万円

・交通費:1万円

・奨学金返済:1万3700円

・保険料:2700円

・その他:3万4000円

合計すると、約34万円になります。

特別、節約している感じはしませんよね・・・

月の収入は49万円ですから、49万円ー34万円=15万円を貯金することが出来ます。

年間では、15万円×12か月=180万円になります。

ボーナスからは、60万円を貯めているそうなので、年間では、180万円+60万円=240万円を貯金していることになります。

60歳まで働いたら?

仮に、60歳まで働いたら、どのくらいの貯金が出来るでしょうか?

現在32歳ですから、あと28年、働くことが出来ます。

すると、240万円×28年=6720万円を貯金することが出来ます。

旦那さんの退職金は500万円、現在の貯金が930万円です。

ってことは、60歳時点での貯金は、6720万円+500万円+930万円=8150万円ってことになります。

マジですか~。

もし、3000万円の家を買ったとしても、残り5150万円あります。

65歳時点の貯金は?

60歳から65歳までの5年間は、貯金を切り崩して生活します。

月の生活費は、家賃を除けば、約26万円くらいです。

ってことは、この5年間で必要なお金は、26万円×12か月×5年=1560万円です。

これを貯金から切り崩しますので、5150万円ー1560万円=約3600万円が残るわけです。

これが、65歳時点の貯金ってことになります。

65歳以降は、年金生活になります。

ですが、このご家庭は共働きなので、年金額も多いでしょう。

ってことは、貯金を切り崩さなくても良いかもしれません。

かなり、余裕ですね・・・

共働き夫婦 お金の教科書

新品価格
¥1,683から
(2020/6/16 11:16時点)

最後に

こう考えてみると、子供なしで世帯年収が高いご家庭って、凄い生活が出来そうです。

世帯年収900万円といっても、共働きならば、ひとり450万円です。

これなら、そんなに無理な年収ではありません。

ん・・・

今度、生まれ変わったら、こんな生き方もいいかも。

でも、パートナーの同意が必要ですよね。

『アタシは、子供が欲しい!』とか『アタシは、専業主婦になりたい!』とか言われると、こうは出来ません・・・

あるいは、初めは『子供いらない!』とか『バリバリ働く!』って言っていても、そのうち、心変わりするかもしれませんからね。

なかなか、難しいところです。

要するに、人生って、思うようにはいかないってことなんでしょうか・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。