飲みニケーションって求められているらしい。特に20代の若者に。でも・・・

 

こんにちは。たかです。

サラリーマンを辞めてから、5か月が経過し、お酒を外で飲むことが、めっきり無くなりました。

今は、家で自家製梅酒を1杯、飲むくらいです。

仕事をしていた時は、半年に1~2回ほど、会社の飲み会がありました。

もう、苦痛でしたね・・・

だって、先輩や上司から、飲み会のたびに、お説教を頂いていましたら。

飲み会が始まって、2時間くらい経ったあたりから、ヤバくなってきます。

おっさん連中が、酔っ払ってきますからね。

そうなると『たかさん!どこにいるの?ちょっと、ここに座って!』みたいな、悪魔のささやきが来るわけです。

ハイ、これで終了。

もう、これで、お説教を1時間は頂くことになります・・・

これが、僕のサラリーマン時代の飲み会でした。

ところが・・・

今の20代の方って、飲みニケーションを欲しているらしいですよ!

こんな記事を見ました。

『“飲みニケーション”を20代の過半数が「役立つ」と回答』です。

さて、どんな内容なのか?

社内の円滑なコミュニケーションに役立つ

この記事の中に、アンケート調査の結果が出てきます。

就職活動中の学生200人、20代〜50代の社会人 800人 を対象に行っています。

それによると、『「飲みニケーション」は、社内の円滑なコミュニケーションに役立つ』と答えた割合は、20代で約50%だったそうです。

まあ、たしかに、コミュニケーションに役立つかもしれませんが、逆に悪くなることもありそうなんですがね。

僕なんか、完全に、悪くなったパターンですから。

もう、飲み会で説教する先輩とか怖くて、話しかけるのもイヤになっていましたから・・・

理想的な時間

さらに、飲みニケーションの理想的な時間についても、質問しています。

その結果は、1~2時間が最も多く、次いで2~3時間と答えた人が多かったようです。

そうですよね・・・

2時間を超えると、ホントにヤバいですから。

1時間なら、さほど酔わないので、お説教も始まりませんし。

特に20代の人は、1~2時間と答えた人が多かったみたいです。

翌日の仕事に影響が出ない程度に、サッと行って、サッと帰る。って感じでしょうか。

二日酔いになるなんて、考えられないでしょうね。

どんな飲みニケーションを希望するか

これが、一番大事かもしれません。

『どんな飲み会が良いのか?』ってことですよね。

まさか・・・『お説教してほしいです!』なんて、答えは無いと思いますが。

このアンケートによれば、『仕事とは関係ないプライベートな会話で盛り上がりたい』が4割以上だったようです。

そうですよね。

仕事の話しより、プライベートの話しがしたいんでしょうね。

僕も、経験あります。

入社2年目の人と飲み行ったとき、1度も仕事の話になりませんでした。

かなり話が盛り上がって、それから、社内でも、よく話をするようになりましたね。

最後に

40代・50代のみなさん、いかがですか?

飲みに行って、仕事の話しばかりしていませんか?

この記事の中に、こんな事が書かれています。

『上司は「説教」「長時間」「他人の悪口」「懐古主義的アドバイス」「武勇伝」を避けることで、部下がストレスを感じにくい場を設けることができそうです』って。

まずは、『説教』『長時間』『他人の悪口』『懐古主義的アドバイス』『武勇伝』は止めないといけませんね。

こんな飲み会を辞めて、若手社員と人間関係を構築してから、仕事のアドバイスをやったらどうでしょうか。

でも、酔っ払ったら、難しいのかな・・・

早く、飲み会から解放されて、よかった~。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

【中古】社畜もフリ-もイヤな僕たちが目指す第三の働き方 時間、やりがい、収入を自由に組み合わせるモジュ-ル /あさ出版/佐藤達郎 (単行本(ソフトカバー))

価格:351円
(2019/9/4 11:41時点)