早期退職して不安に感じた事。変に頑固なおじさんになるんじゃないか?

 

こんにちは。たかです。

最近、ワイドショーなんかを見ていると、変なおじさんの事件をよく目にします。

変なおばさんって、あまり聞かないんですよね。

だいたい、おじさんなんです。

先日、テレビで紹介していた変なおじさんは、『正論おじさん』です。

このおじさん、とにかく、決まりごとを守っていないとうるさい。

お店の看板やのぼりの土台、自転車などが、商店街の歩道に1センチでもはみ出していたら、やたらにお店の人にクレームを入れていました。

さらには、それらを、無断で店の中に押し込めたり、時には看板やのぼりを倒したり、壊したり、切ったりしていたそうです。

たしかに、ルール上は、無断で歩道に看板やのぼりを出すのでは、違法みたいなんですが、そこまでする必要があるのか?

しかも、看板やのぼりを壊したり、切ったりする権限はないはずです。

さらには、こんなおじさんもいるみたいです。

それは、『暴論オジサン』です。

自宅の近くで送迎バスを待つ幼稚園児の声がうるさいと、腹を立て、園児の自宅の郵便受けに、『子どもたちを静かにさせろ。出来なければ何があっても文句は言うな』などと書いた脅迫文を入れていたそうです。

まあ、子供ですから、多少騒ぐこともあるかもしれませんが、脅迫するほどでもないと思うんですがね・・・

ガマンができないのか?

このおじさんたちの年齢ですが、『正論おじさん』は89歳、『暴論オジサン』は71歳です。

男性の更年期は、とっくの昔に終わっているでしょうから、加齢による脳内物質の欠如なんでしょうかね?

ほとんど、病的な感じがします。

自分の感情を抑えることが出来なくなっている。

ガマンができないんでしょうね。

怖いですね・・・

人と接したいけどやり方がわからない?

この2人のおじさんに家族がいるかどうか分かりませんが、もしかしたら、さみしいのかな?なんて、思ってしまいました。

人と関りたいけど、どう関わっていいのか、関わり方がよく分からない。

なので、人に対して攻撃的に関わろうとする。

おじさん2人とも、言ってることは正論なんですよね。

間違ったことは言っていないんです。

歩道に看板なんか出してはいけないし、子供だからって、朝から騒いでは迷惑になります。

かと言って、おじさんが、ここまでやる必要もありませんし、権限もありません。

つい、やりすぎてしまっている。

付き合い方が分かっていない。

そんな気もするんです。

もしかしたら自分もなるかも

この話題をテレビで見た時に、『なんで、こんなことするのかな?病気かな?』なんて思っていました。

ですが、もしかしたら、今の僕の生活をずっと続けていたら、同じような変なおじさんになるんじゃないか?って不安になってしまいました。

人と接しない時間が多くなると、そのうち、『人との接し方が、分からなくなるんじゃないか?』って、思ったわけです。

気がついたら、僕も、『正論おじさん』、『暴論オジサン』みたいになっているかもしれません。

人と接するには?

そう考えると、やはり、仕事をやるっていうのは良いのかもしれません。

働きに出れば、人と接することが多くなります。

あるいは、ボランティア活動ですかね。

道路の清掃や花壇に植えてある花の世話など、身近にいろんなボランティアがあります。

人が集まるところで、何か体を動かすことが出来れば、精神的にも身体的にも、いい影響があるでしょう。

最後に

実は、明日、道路清掃のボランティアに行ってみようかと思っています。

たまたま、明日、家の近所でやるそうなんです。

とりあえず、1回行ってみて、続けるかどうか考えてみたいと思います。

あまり、集団で仕事をするのが得意ではないので、辞めるかもしれませんが・・・

また、ブログの中で、ご報告したいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。