『早期退職に応募した方がいいですかね?』ってご質問を頂きますので書きます

 

こんにちは。たかです。

最近、よく、ご質問を頂くようになりました。

その内容は、『早期退職に応募したほうがいいですかね?』っていうものです。

今、大企業でも、どんどん早期退職制度を発表していますよね。

僕が勤めていたような中小企業も含めれば、かなりの数の会社が、退職者を募集している事でしょう。

なんか、国の政策とは、反対方向に進んでいるような気もしますが・・・

今日は、僕が考える『早期退職の条件』について、書いてみたいと思います。

これは、僕の主観ですので、参考程度にしてください。

お願い致します!

家族の理解はあるか?

『会社を辞めよう思う!』って、家族に言うと、100%の確率で、『あんた、何寝ぼけたこと言ってんの?』ってなります。

我が家も、はじめはそんな感じでした。

特に、妻が猛反対すると思います。

ここを、どうクリアするか?

大事なことは、『急に、言わない』ってことです。

奥さんが納得するには、数年かかりますので、退職する何年も前から、『退職しようと思う!』って、伝えておく必要があります。

さらに、奥さんが反対する理由を確認しておくことですね。

おかねのことなのか、世間体なのか、何か理由があるはずです。

多くの場合、『お金のこと』だと思います。

女性は、将来への不安が多くなることを、とても嫌います。

なので、『ライフプランシート』を作成して、『今の貯蓄だったら、○○歳まで生きていける』みたいな、安心材料を提示することが必要です。

それでも、なかなか、納得するのに時間かかりますけどね・・・


お金は死ぬまで足りるのか?

仮に、10億円の貯蓄があれば、おそらく、不安も無く早期退職できますよね。

このくらいあれば、奥さんも、『そうね、そろそろゆっくりしようか?』なんて、優しい言葉をかけてくれるかもです。

ですが、現実は違います。

先ほども書きましたが、『ライフプランシート』を作成する必要があります。

年度ごとに、何に、いくらかかるのか?

事細かく、思いついたものすべてに、予算立てしておいた方がいいです。

よく忘れる項目が、『年金・税金・健康保険』です。

税金も、自動車税とか固定資産税などありますので、確認しておいた方がいいですね。

特に、住民税はビックリするほど高いですので、お住まいのある地域に、『住民税の減免』があるかどうかも、確認したほうがいいです。

一番大事なのは、『生活費・教育費・借金』です。

いったい、毎月、いくら生活費がかかっているのか?

今後の教育費は、いくら必要なのか?

今抱えている借金は、いくらあるのか?

いろいろ検討して、ライフプランシートを作成します。

その結果、『○○歳まで、生きることが出来る』ってなれば、退職生活が見えてくると思います。

まあ、我が家は、70歳でお金が無くなりそうですが。

なんとかしなくては・・・

退職して何するの?

正社員として、再就職もありますし、アルバイトみたいな仕事もあると思います。

あるいは、僕みたいな、無職もありです。

この辺りも、家族に理解してもらった方がいいですね。

僕は、退職前から、『僕は、働きません!』と宣言してましたので、家で遊んでいても、妻に怒られることはありません。

ただ、家事はしないといけませんけどね。

最近、手荒れがひどくなってきました。

最後に

ポイントは、『奥さんが理解してくれるか?』ですね。

理解してもらうのに大事なことが、『お金が足りるのか?』とか『退職して何するのか?』だと思います。

なので、結婚されていない方は、ハードルが一気に下がるわけです。

その他にも、いろいろあるかと思いますが、僕が実際にやったことを書いてみました。

一番良いのは、働き続ける事です。

ですが、会社が原因で、『精神的につらい』、『生きているのがイヤだ』、『もう限界』など感じた時は、一度、退職を検討するのも、一つの選択肢だと思います。

一度きりの人生です。

明るく・楽しく・やさしく・感謝して生きたほうが、きっと後悔しないと思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。