54歳で早期リタイア。インフレ率2%でお金がなくなるみたいだが・・・

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『54歳公務員。早期リタイアして寿命まで逃げ切れる?』です。

54歳で仕事を辞めて、完全リタイアをされるみたいです。

僕と同じですね・・・

でも、インフレ率2%で推移すると、85歳で貯金が無くなってしまうらしい。

この方は、Excelでインフレ率2%を見込んでお金の計算をやったようです。

さて、みなさんなら、完全リタイアしますか?

それとも、別の方法を考えますか?

登場する方は?

54歳の独身男性です。

現在の貯金は、約2000万円お持ちのようです。

リタイア後の生活費は、約240万円を想定しているそうです。

ってことは、月20万円で生活するつもりなんでしょう。

ちなみに、60歳から75歳まで、個人年金として84万円を受け取るようです。

そして、65歳からは、公的年金を約240万円受給できるみたいです。

支出は?

では、現在の支出について書いてみたいと思います。

・マンション管理費:3万6000円

・車両費:1万2000円

・食費:3万5000円

・光熱費:1万円

・通信費:1万5000円

・趣味娯楽:2万円

・こづかい:8万円

・雑費:1万5000円

・保険料:4万円

合計すると、約26万円くらいになります。

リタイア後はつき20万円で生活するそうなので、あと6万円はカットしないといけませんね。

まあ、リタイアしたら、月に8万円もこづかいいらないと思いますが・・・

インフレ率0%だったら?

仮に、インフレ率0%だったら、どうなるでしょうか?

55歳から60歳までの5年間は、貯金を切り崩して生活します。

年間の生活費は240万円ですから、240万円×5年=1200万円が必要になります。

すると、60歳時点の貯金は、2000万円ー1200万円=800万円になります

60歳から65歳までの5年間は、個人年金を84万円もらいます。

ってことは、240万円ー84万円=156万円が不足することになります。

5年間では、156万円×5年=780万円になります。

これを貯金から切り崩すと、800万円ー780万円=20万円が、65歳時点の貯金になります。

65歳から75歳までの10年間は、公的年金と個人年金をもらうことになります。

その金額は、240万円+84万円=324万円になります。

年間の生活費は240万円ですから、324万円ー240万円=84万円の黒字になります。

なので、75歳時点の貯金額は、84万円×10年=840万円ってことになります。

75歳以降は、公的年金の240万円で生活出来ますので、貯金を切り崩すことはありません。

もし、インフレ率0%ならば、この男性は貯金が底をつくことはないようです。

インフレ率2%?

毎年、インフレ率2%が続いていくなんて、ちょっと、考えられないですね。

仮に、インフレ率2%が85歳まで続いたら、どうなるでしょうか?

計算してみると、85歳で必要になる生活費は、約440万円になります。

全然、公的年金じゃ足りませんね。

っていうか、今の日本を見ていると、インフレ率2%が継続するなんて、ありえないんじゃないですかね。

だって、財政健全化とか言いながら、税金を上げてばかりですからね。

今以上に景気が悪くなるかもしれませんが、インフレになることはないんじゃないでしょうか。

なので、インフレ率なんか、考える必要はないと思います。

最後に

とはいえ、もし、インフレになったら怖いですよね。

では、どうすればいいか?

いちばんやってはいけないのは、銀行預金ですね。

銀行に置いていても、お金は自然と減少することになります。

まあ、金利は上がっているかもしれませんが。

インフレになるということは、景気が良くなっているわけですから、株などに投資をしておくといいですかね。

そう考えると、アーリーリタイア者からすれば、デフレ経済って、非常にありがたいですね。

デフレが続くと、今持っているお金の価値は、上がる一方ですから。

もっと、財務省にがんばってもらって、緊縮財政をやったほうがいいかも。

ですが・・・

そんなことしてたら、日本自体が危なくなります。

貧しい国になり、治安は悪くなり、のんびりなんてできないかも。

『リタイア生活を満喫!』なんて、ユルユルなこと言ってられなくなりますね。

やはり、ある程度は経済成長をして、インフレになりながらも、年金額が増えていくような国になってほしいものです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。