早期退職って、もしかしたら無茶苦茶な人生の入り口かもしれませんね

 

こんにちは。たかです。

このブログで、なんども早期退職について、僕自身の心境について書いてきました。

今日、再度、お金の計算をしていて思ったんですが、『もしかしたら、お金が無くなって、無茶苦茶な人生になる可能性があるな』って、感じました。

今頃?って思われるかもしれませんね。

2019年3月末で、会社を辞めて、『働かない生活』をやってみようと思っています。

無茶苦茶な人生にしたくなかったら、働けばいいんですが、一度きりの人生なんで、やりたいことをやってみたいです。

そのやりたいことの1つが、『働かない事』です。

学生を卒業してから、『働かない時間』を経験したことがありません。

ですので、お金に関して、悩んだことがありません。

多少、『お金が足りない』とか言うときはありましたが、『このまま、お金が無くなって、どうなっていくんだろう?』みたいになったことは無いです。

ですが、これから先、働きませんので、お金がどんどん無くなっていきます。

なにもかも、失っていくような気がします。

何もない人生もいいかも

会社を辞めれば、肩書が無くなります。

会社の人との関りも無くなっていくでしょう。

もともと、友人も少ないので、人間関係があるのは家族くらいです。

そう考えると、僕には、ほとんど、何も残らないかもしれません。

ほんとに、大事な物しか残らない。

なんか、逆にスッキリして、良いような気もします。

サラリーマン時代って、いろんな面倒なしがらみが多くて、うんざりしていました。

会社の中の人間関係・社内や業界ルールなどなど、面倒な事ばかりです。

しかも、ほとんど、意味の無い事ばかりだったような気がします。

そういった、意味のないことをすべて、省いてくれるのが、『早期退職』なのかもしれません。

何が言いたいか分からなくなってきました。

縦社会から脱出

会社って、完璧な縦社会です。

横のつながりもありますが、数年経てば、横にいた人が自分の上にいる事って、よくある事です。

つまり、自分の上司になっているってことです。

何をやるにしても、上司の許可が必要ですし、ルールも守らないといけません。

サラリーマンって、勝手に動くことが許されない職業なんですよね。

ほんとに、縦社会です。

もう、うんざりしています。

ですが、これからは、横社会です。

誰が偉いとか、上司だとか、そんなことは発生しません。

過去に、どんなに出世した人であろうと、僕にとっては、単なるおじさんでしかありません。

退職してから、大切になるのは、『過去はすべて捨て去る事』だと感じています。

『○○会社に勤めていました』とか、『課長職をやってました』とか、全くこれからの生活では、関係ないってことです。

逆に、邪魔かもしれません。

僕の過去など、どうでもいいわけです。

すべてを『0』に戻して、これからの生き方を考えていきたいと思います。

最後に

お酒も飲んでないのに、グダグダな内容になってしまいました。

ちょっと、うつ気味になっているかもです。

すみません。

ただ、これからは、今までとは違う。

人付き合いも、経済的面も、いろんなことが変わっていく。

それが、楽しみでもあり、不安でもあり。

そんな感じがしています。

これから、退職の日が、どんどん近づいてきます。

グダグダになりますが、自分の心境の変化を書いていきたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。