アーリーリタイアする時は、家電製品の経費も念頭に入れておいたほうが良い

 

こんにちは。たかです。

僕は、2019年3月末で会社を早期退職しました。

『会社を辞めよう!』と思い始めてから、『ライフプランシート』を作成しました。

この『ライフプランシート』なんですが、こんな感じで作っています。

僕が作成したものではありませんが、大まかに、こんな感じです。

かなり見にくいですが、ご勘弁ください。

『ライフプランシート 無料』でネット検索すると、いろんなものが出ていますので、確認してみてください。

これって、『人生の計画表』みたいなものですね。

僕が、○○歳の時に、収入は○○円になって、その時、子供は○○歳で・・・みたいな感じです。

支出の項目も、『生活費』とか『学費』とか『旅行費』とか、大まかで大丈夫です。

アーリーリタイアしてしまうと、収入がほとんどありませんから、貯蓄がどんどん減るだけになります。

なので、いつの日か、貯蓄は無くなってしまいます。

で、この表で何を知りたいかというと、『どのくらい貯蓄があれば、死ぬまで生き延びれるのか?』ってことです。

まあ、自分が死ぬ年齢は、誰にも分かりませんが・・・

貯蓄が無くなった時に、死んでしまえば、最高なんですがね。

そう、うまくはいかないでしょう。

僕の場合、70歳までは、今の貯蓄を切り崩しながら、生きていくことが出来ます。(予定では・・・)

その後は、年金の範囲内で、生活しようかと思っています。

しかしながら、今日、ある出来事が起きてしまいました・・・

それは、何か?

冷蔵庫が壊れる!

なんと、冷蔵庫から、水が漏れてきました。

しかも、結構な量の水が・・・

数か月前から、『冷蔵庫の調子悪いなぁ・・・』と思っていたんですが、ついに限界が来てしまいました。

もう、10年以上は使っていますので、そろそろ、買い替えの時かもしれません。

家電って、いきなり壊れますよね。

『来月壊れますよ~!』なんていう家電があるわけないですが。

もう、買うしか方法はないようです。

そこで、ふと、思い出しました。

ライフプランシートには入れてない

実は、僕が作ったライフプランシートには、『家電費』っていう項目はありません。

なので、予定経費には入れていないんです。

しまった・・・家財道具の費用も入れておくべきだった。

電化製品って、結構、いい値段しますよね。

もしかしたら、冷蔵庫なんか、10万円以上するんじゃないでしょうか?

ん~、残念ながら、手遅れでございます。

仕方ありませんので、他の予定経費を削って、購入するしか無さそうです。

実は、冷蔵庫だけじゃない

なんと、購入を検討しているのは、冷蔵庫だけではありません。

ベッドも購入しようかと考えていたんです。

今まで、決まった寝室が無かったので、その時々で、布団を敷いて寝ていました。

今回、母親が1階の仏間にお引越ししましたので、今まで母親が使っていた部屋を、寝室にしようと企んでいたんです。

『布団敷くのも面倒なんで、ベッドでも買うか!』なんて、思っていたんですね。

ですが・・・状況は変わってしまいました。

妻曰く『ベッドは買うなってことかね・・・』だって。

最後に

これから、ライフプランシートを作成しようとする方は、『家電』の項目は作ったほうが良いですよ。

まあ、10年に1回くらいでしょうが、ちゃんと、予定に入れておいた方が賢明です。

壊れなければ、それはそれでOKなわけですからね。

準備をしておいて、損はありません。

いろんな『ライフプランシート』を参考にして作ったつもりだったんですが、漏れておりました。

どのシートにも、『家電費』は無かったような気がします。

こんな感じで、少しずつ、予定が狂っていくんでしょうね。

そして、予定よりも早く、お金は底をつき、僕は働きに出ることになる・・・

これだけは、避けなければいけません!

ん~、やっぱり、ベッドはあきらめるかなぁ・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

意思決定支援ライフプランノート 別冊解説付 [ 品川区社会福祉協議会 ]

価格:1,296円
(2019/9/1 10:46時点)