早期退職面談で喜んで辞めます!って言ってもいいかな?

 

こんにちは。たかです。

とうとう、明日、『早期退職の意思確認面談』があります。

全社員が、この面談を受けるんだそうです。

僕自身、未だに、どう答えるか?迷っています。

このブログが書きながら、答えを出していきたいと思います。

早期退職優遇制度の中身

会社側が提示した、早期退職優遇制度の中身ですが、よくある内容です。

基本給×○○か月で算出されたお金を、通常の退職金に上乗せするってものです。

○○か月は、年齢によって、異なります。

48歳~52歳くらいまでが、一番大きくなっています。

逆に、20代、30代は、微々たるもんです。

会社としては、お年寄りには、辞めてもらいたい!っていう意図が、良くわかります。

僕は、49歳になりますので、この、辞めてほしいお年寄りの年代に、スッポリはまっております。

今回のリストラは300名

これは、僕の予想ですが、約300名のリストラを、会社側は考えていると思います。

早期退職優遇制度で支払う特別予算から計算してみると、この人数が算出されます。

すごい人数が、職を失うわけです・・・・怖いですね。

さて、本題です。

明日、なんて答えようか・・・

『喜んで辞めます!』って答えたらどうなるか?

おそらくは、『たかさん、早期退職確定。おめでとう!』になると思います。

1つの不安は、降格させられる可能性がある事です。

降格してしまうと、基本給が下がります。

そうなると、上乗せ金が減りますので、ちょっと、ダメージありますね。

とはいえ、何百万も減らないので、いいかな?と思っています。

良い点としては、『スッキリする!』って事ですね。

モヤモヤした気持ちで、仕事をしなくて良くなりそうです。

それと、もう、後戻りできなくなる。

前に進むしかなくなります。

気持ちの切り替えが、完全に出来るかもしれません。

『今の所は、考えていません』って答えたらどうなるか?

もしかしたら、『たかさん、前向きに考えてみて貰えませんか?』なんて、言われるかもしれません・・・辞めろって事ですね。

その時は、素直に発言を撤回し、『辞めたいと思います』と答えます。

もっと、怖い事が起こるかもしれないと思っています。

それは、何か?

早期退職者が、予想以上に多かった場合、先着順になりはしないか?ってことです。

明日の段階で、『辞めます!』って言わなかった人は、早期退職優遇制度を利用できない。

なんてことに、なりはしないか?と思っているわけです。

過去に、そのような事があったので、心配しております。

ん~、だんだん、気持ちが纏まってきました!!

最後に

明日の、面談では、『辞めたいと考えています!』と答えようと思います。

早期退職優遇制度を活用して、退職することが出来ない。

これが、僕にとって、一番、最悪なパターンですね。

これを回避するには、早めに『辞めます宣言』をした方が良さそうです。

仮に、上乗せ金が減ろうが、いじめに合おうが、今後の生き方を考えれば、これがベストな方法のようです。

ウジウジを書いてしまいました。

たったこれだけの内容ですが、時間にして2時間くらいかかりました。

明日は、勇気をもって、面談に行って来ます。

また、結果は、ブログでご報告致します!!

お暇なときに、のぞいてみてください。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。