早期退職面談ってこんなもん?

 

こんにちは。たかです。

昨日、『早期退職の意思確認面談』を受けてきました。

僕の勤めている会社では、2019年3月末で退社する人に、退職金の上乗せをするといった、優遇制度が発令されています。

で、昨日、行われた面談は、早期退職優遇制度を使って、会社を辞めるか否かを、確認するのが目的のようでした。

直属の上司との面談です。

では、どんな内容だったのか・・・・

質問はシンプル

夕方に、事務所の個室で、面談はありました。

僕は、最後から2番目の面談でした。

20数名と面談を実施した上司は、かなり疲れていましたね。

大変だなって思います・・・

さて、実際にされた質問は、こんな感じでした。

『たかさんは、今回の早期退職優遇制度を使いますか?』でした。

決して、上司は、『退社』とか『辞める』とか言う単語は、一切、使いませんでした。

かなり、トレーニングされている感じでしたね。

どう答えたか?

この数日、『どう答えようか??』って迷っていました。

ですが、決断して、面談に臨んだわけです。

そして、こう答えました。

『この制度を使いたいと思います』と。

僕も、なぜか、『退社』とか『辞める』っていう単語は使いませんでした。

理由は分かりませんが、僕の口から、この単語が出てこなかったんです。

もしかしたら、まだ、決心がついてないのか?

でも、もう、言っちゃったし・・・・

上司の反応

『そうですか・・・』

って、意外と、反応ありませんでした。

今回の面談では、意思を確認するだけで、引き止めたり、逆に、辞めさせたりする言動は、してはいけないんだそうです。

続いて、上司からこんなコメントがありました。

『会社の上層部に連絡をします。もしかしたら、上層部から、何かしらの電話が入るかもしれません。』

『これは、全員に当てはまる事です。』って。

結局は、上層部から、直接、退職勧奨があるみたいです。

今回は、会社も本気のようです。

まあ、僕の場合は、辞めるほうですので、おそらく、何の連絡もないでしょう。

ということは、僕は『早期退職確定者』になりそうです。

意外とアッサリ

会社を辞める時って、こんなもんなんですかね・・・

入社する時は、かなり大変なのに、辞める時は、意外とあっさり。

なんの感情もありませんでした。

『ああ、言っちゃった。もう、戻れないよね・・・まあ、いっか。』こんな感じでしたね。

面談を受けた前後で、何も感情的には変わりません。

もっと、感情の変化があるかな?って思ってたんですが・・・

最後に

何ごとも無かったかのように、来週から仕事を続けるんだと思います。

僕が辞めることを、誰も知りません。

知っているのは、上司だけ。

上司に辞めることを告げましたが、仕事への熱意は、変わらないと思います。

まあ、もともと、そんなに熱意なんてありませんけど・・・・

なんか、拍子抜けの1日でした。

これからは、退職日まで、粛々と仕事をこなしていきたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。