アーリーリタイアに投資は必須なんだろうか?生活レベルを落とすことも重要。

 

こんにちは。たかです。

最近、ネットを見ていると『アーリーリタイア』とか『セミリタイア』なる言葉を、よく目にします。

国は、『70歳まで働け!』って言っていますが、もしかしたら、世の中の流れは、違うのかもしれません。

『アーリーリタイア』とか『セミリタイア』とか、言葉の定義がよく分かりませんが、僕は、こう考えています。

『アーリーリタイア』とは、定年前に仕事を辞めてしまう事じゃないと思います。

ですので、自営業者には、この言葉はあてはまらないかもしれません。

もっぱら、サラリーマンが実現することが出来る事でしょうか?

僕は、49歳で会社を辞めましたので、『アーリーリタイア』になると思います。

そして、『セミりリタイア』とは、フルタイムの仕事が卒業したが、短時間の仕事をする事じゃないかと思います。

たとえば、週3回、コンビニでアルバイトをするとか。

僕の場合、フルタイムの仕事を辞めて、その後、何も仕事をしていませんので、『完全リタイア』になるのかもしれません。

ですので、『アーリーリタイア』の中に、『セミリタイア』とか『完全リタイア』が含まれるんだと思います。

これは、僕が、勝手に思っている事ですので、違う考えもあると思います。

そんな中、アーリーリタイアをするために、必要なことを書いた記事を見ました。

要するに、『定年前に仕事を辞めるには、どうしたらいいか?』ってことですね。

資産の山を大きくするには?

当然、定年前に仕事を辞めるわけですから、ある程度の資産が無いと、仕事を辞めることは出来ません。

では、どうやって資産を増やすのか?

この記事の中では『投資は必須である』と書かれていました。

ホントに、そうなんだろうか・・・

いくら必要なのかを知ることから始める

仮に、50歳でアーリーリタイアするとして、いったい、いくら資産があればいいのだろうか?

この額によって、投資が必要かどうかが、決まるような気がします。

もし、月の生活費が10万円だったとします。

そしたら、年間120万円あればいいわけです。

サラリーマンであれば、年金額も10万円くらいはあるかもしれません。

そうであれば、年金受給開始までの生活費を準備出来ればいいわけです。

年金受給開始が65歳としたら、120万円×15年=1,800万円が65歳までの生活費として、必要になります。

65歳以降は、年金10万円で生きていけばいいわけです。

1,800万円だったら、若いころから貯金すれば、なんとかなりそうです。

別に、むちゃな投資をしなくても良くないですかね。

節約した生活を送る事

たしかに、資産を作っておくことは、アリーリタイアするために大事なことです。

ですが、もっと大事なことは、『生活費を抑えておくこと』だと思います。

どんなに資産を持っていても、月の生活費が何十万円もかかっていたら、あっという間に、資産は底をつきます。

今、僕が感じているのは、『一旦上がった生活レベルは、なかなか落とせない』ってことです。

特に、旦那さんのアーリーリタイアに巻き込まれた奥さんには、なかなかハードルが高いですね。(我が家のことです・・・・)

ちゃんと、リタイアする数年前から、予行演習(生活レベルを落とした生活)をしておかないと、トラブルが発生しますね。

最後に

その他にも、『生きがい』とか『やりがい』を探しておいた方がいいと聞きます。

ですが、そんなものは、リタイアしてみないと分かりません。

強いて言えば、1つでもいいので『やってみたいこと』を持っていた方がいいですかね。

僕の場合は、『ブログ作成』や『魚釣り』ですね。

未だに飽きませんし、生活の一部になっています。

これから、アーリーリタイアを目指す人が増えそうな予感がしましたので、書いてみました。

あまり、参考にならないかもしれませんが・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。