早期退職を募集する会社が続出してますね。定年制度はやめてクビにする基準を作ろう

 

こんにちは。たかです。

今度は、日産自動車が、人員削減を発表しましたね。

全世界で4800名のクビ切りです。

東芝も、半導体部門の人員削減をするみたいです。

350名でしたっけ?

凄いですね・・・

合わせると、約5000人の人が、職を失うわけです。

その中に含まれるとしたら、どうですか?

おちおち、仕事もしていられません。

僕が勤めていた会社も『早期退職優遇制度』を出したんですが、そのあとは、みんな、ソワソワしていましたよ。

『肩たたきはしない!』なんて言ってましたが、裏では、相当な数の人が、『肩をトントン』とされていました。

会社なんて、そんなもんですね。

経営状態が悪くなると、嘘つきになります。

会社の言う事を、信用してはいけませんよ。

気を付けた方がいいです。

所詮、経営者も、サラリーマンですから、自分の身を守るのに精一杯です。

定年制度はやめよう!

先日も、同じようなこと書いたんですが、もう一度、書きたいと思います。

経団連の偉い人も言ってましたし、トヨタ自動車の社長も言ってました。

『終身雇用制を守るのは難しい』って。

だったら、終身雇用制をやめにしたらいい。

その代わりに、何歳まで、雇ってくれるのか?

あるいは、どうなったら、クビにするのか?

その辺りの基準を設けてほしいですね。

肩たたきの基準が分からない

なぜ、僕がこんな事を言っているかというと、どんな人が、肩たたきをされるか、基準がないからなんです。

もしかしたら、その時の上司の好き嫌いかもしれません。

自分より、仕事もしない、実績も悪い、でも、上司に気にいられているから、会社に残ることができる。

そして、上司に嫌われている自分が、『肩トントン』される。

そんな、理不尽なことが起こってくるわけです。

『イヤ~、肩たたきなんか、そんなことやらないよ!』なんて、悠長な事考えていたら、自分事になりますよ。

実際に僕は経験しました。

『えっ?この先輩が、肩たたきされるの?』って。

非常に優秀な営業マンだったんですが、上司とよくケンカしてましたので、標的になれたかもしれません。

経団連の会長やトヨタ自動車の社長が、『定年まで雇わない』って言ったわけですから、クビ切りがやりやすくなりましたからね。

もし、会社で、組合活動をされている方がいらっしゃいましたら、ちゃんと、経営者と話をした方がいいです。

『何歳までは、雇ってくれるのか?』『どんな基準で、クビを切るのか?』を。

退職制度は常時出さないでほしい

年中、退職制度の募集が出ている会社ってありますよね。

あれって、退職者にとっては、損なんですよね。

なぜかと言うと、失業保険をもらうときに、『特定受給者』扱いにならないんです。

特定受給者の資格として、『人員整理を目的とし、措置が導入された時期が離職者の離職前1年以内であり、かつ、当該希望退職の募集期間が3ヶ月以内であるものに限る』となっているんです。

なので、常に募集されていると、『特定受給者』にはなれないんです。

特定受給者になれないと、失業保険をもらうまでに3か月待たないといけませんし、もらえる期間も、短くなってしまいます。

『うちの会社は、いつも、退職者募集しているから、いつでも辞めれるんだ!』っていう方いますが、実は、損ですよ・・・

最後に

僕の経験からなんですが、『肩たたき』をされたら、会社を辞めた方がいいです。

その後は、あまり、いい思いはしません。

現に、今、肩たたきをされたけど会社に残った先輩がいます。

その先輩から、『あの時、やめときゃ良かった・・・』って、メールが来ました。

『お前の判断が、正解だったかも』って。

希望とは全く違う地域に転勤させられ、業務も変更になったそうです・・・

やはり、無理せず、時代の流れに乗ったほうが良さそうですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

幸せの確率 あなたにもできる!アーリーリタイアのすすめ

価格:1,728円
(2019/5/15 12:05時点)