早期退職者の再就職先に制限をするとは・・・会社の思惑が見え隠れ?

 

こんにちは。たかです。

またしても、早期退職の募集を開始する会社があるようです。

その会社は、製薬会社の『ファイザー』です。

僕の友人も、この会社に勤めています。

ファイザーって、世界の製薬会社の中でも、トップクラスですよね。

そんな会社が、早期退職を募集するとは・・・

最近、製薬会社の早期退職の募集が増えているように感じますね。

ちょっと気になったので、調べてみました。

そしたら、この5年の間に、8社が早期退職を募集しています。

これって、たぶん、多いですよね。

さて、今回のファイザーの早期退職の募集なんですが、今までとは、ちょっと違うようです。

対象はやはり50代

今回の早期退職では、50歳以上の営業担当者が対象になっています。

募集人数は200人弱程度らしいです。

やっぱり、50代が狙われましたね・・・

しかも、営業職が対象になっています。

よほど、余っているんですかね?

リストラされる時って、普通は、営業職は最後の方です。

まず、事務職をやっている人から、クビきりされることが、多いんですがね。

もしかしたら、事務職の人は、既に整理されてしまったのかもしれません。

今回は、早期退職の募集をしていますので、割増退職金の上乗せもあるようですね。

いくら上乗せになるんでしょうかね?

転職に制限?

今回の早期退職募集の珍しい点は、転職に制限があることです。

僕も、早期退職制度を利用して会社を辞めましたが、転職に関しては、何も言われていません。

ところが、ファイザーは、こう言っています。

『オンコロジー部門や希少疾病用医薬品部門に所属している人について、会社が指定する競合会社に退社後3年以内に転職した場合は、割増退職金の返還を求める』って。

オンコロジー部門とは、『ガン関係のくすりの営業マン』ってことだと思います。

希少疾病用医薬品部門とは、『珍しい病気のくすりの営業マン』ってことでしょうか?

製薬会社って、くすりの種類ごとに、専門の営業マンをつくっているんですよね。

とにかく、この部門にいた営業マンは、『ファイザーが指定する会社には、転職してはいけません』ってことです。

仮に、転職するのであれば、『上乗せしたお金は返してね』ってことです。

要は、自分の会社の営業マンが、競合会社に行かれると、困るからなんでしょう。

言いたい気持ちは分かりますが、ちょっと、やりすぎじゃないですかね?

だって、早期退職に手上げした人の中には、『ガン関係のくすり』に詳しい人がいるわけですよね。

だったら、『ガン関係のくすり』を売っている会社に、転職するのが普通だと思うんですが・・・

それを、制限されたら、転職に困りますよね。

しかも、3年も期限が縛られています。

ってことは、ファイザーは『ガン関係以外のくすりの営業マンをクビきりしたい!』ってことなんでしょうか。

最後に

なんだか、会社の思惑が感じ取れる、早期退職募集のような気がします。

『こういった社員は残ってほしいが、こういう社員は辞めてほしい』みたいな。

はっきりと、『ガン関係の営業マンは辞めないで。その他の営業マンは、サッサと辞めて!』なんて、言えませんからね。

だんだん、恐ろしい時代になってきました。

入社してからの人事配置によって、クビきりされやすいか、そうでないか。

それが、決まってしまうかもしれないわけですね。

まあ、あまり無理をせず、宮迫さんみたいに引退するのも、ひとつの生き方かもしれませんよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。