こんな早期退職は後悔するかも。退職前の準備が大事ですよ。

 

こんにちは。たかです。

会社を早期退職して、現在は、無職生活を楽しんでいます。

楽しい退職生活を送るには、それなりに、準備が必要です。

これから、早期退職しようとされている方の参考になればと思い、やったほうが良いことを書いておきたいと思います。

ちょうど、こんな記事を見つけました。

『年収1000万円から失業者に…定年前に会社を飛び出した男たちの明暗』です。

僕は、そんな高い年収ではありませんでしたが・・・

この記事に出てくる方は、残念ながら、早期退職の準備が足りなかったようです。

それでは、何が準備不足だったか、具体的に見ていきたいと思います。

早期退職前の状況は?

この記事に出てくる方は、年齢56歳で、年収は1000万円を超える、スーパーサラリーマンだったようです。

退職して、クラウドファンディング事業を立ち上げるべく、会社を早期退職されたようです。

新たな夢に燃え、やる気満々で、会社を辞められたことでしょう。

ところが・・・

現在は、収入はゼロになり、失業保険で、月に20万円をもらっているだけのようです。

僕と同じ状況ですね。

僕の場合、こんなに、失業保険をもらえるかどうか分かりませんが・・・

奥さんに罵られる

まず、第一の準備不足は、奥さんの理解ですね。

突然、収入が無くなって、こんな言葉で、奥さんから罵られているようです・・・

『私の人生の予定はこんなはずじゃなかった。失業者の妻になるなんて』って。

なんか、さみしいですね。

さらには、『リストラされたと思われるのは嫌』と言って、旦那さんの事を、周囲にひた隠しにしているんだそうです。

もう、旦那さんは、みじめでしょうね。

おそらく、この方は、奥さんに、『最悪の場合、このような生活になる』って、説明できてなかったんだと思います。

まだ、退社して事業を始めてから1年経たないわけですから、そんなに罵らなくてもいいですよね。

経済的不安に襲われる

この気持ちは、よ~く分かります。

僕もそうですから。

ですが、ちょっと、過敏すぎるような・・・

『借金を返せずに切腹・斬首される夢を見て、跳び起きたこともある』んだそうです。

さすがに、そこまで、僕は追い込まれていません。

でも、この方、お金はあるんですよ。

『これまでにためてきた預金や割増退職金があるので、当面の生活に困窮することはない』って言われています。

だったら、切腹するような夢なんか、見ないような気もするんですがね。

ちゃんと、ライフプランシートを作ってないんだろうと思います。

何歳まで、今の預貯金で生きていけるのか?

それさえ分かっていれば、それまでに、事業を立ち上げればいいわけです。

焦る必要もありませんし、罵られることもありません。

最後に

やっぱり、家族の理解、特に、奥さんの理解は絶対に必要です。

理解してくれて無いと、かならず、揉めると思います。

『少しくらいは、働いたらどうなの?』なんて、言われかねませんからね。

特に、喧嘩した時なんか、言われそうですね。

その為にも、ライフプランシートは必要です。

奥さんを説得する材料にもなります。

女性は、『将来の不安』が、大っ嫌いですので。

『あんた、夢でご飯食べれると思ってんの!』なんて、罵声を浴びせられますよ~。

この本は、僕が勤めていた会社のライフプラン研修で使われたものです。

書き込み式で定年後の「心配ごと」を総チェック!50歳から備えるライフプランノート [ 和泉 昭子 ]

価格:2,160円
(2019/5/14 21:36時点)

参考になる点もあると思います。

今日は、ちょっと気になった記事を見ましたので、気がついたことを書いてみました。

最近、『早期退職しても大丈夫でしょうか?』ていうメールをいただきますので、書いてみました。

お役に立てれば、うれしいです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。