資産があるのにアーリーリタイアは早すぎる?仕事をしないとお金を使う?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を目にしました。

『54歳貯金4900万円。大病をして人生を考えるように。1年後にリタイアは可能?』です。

どうやら、この方は、大病を患ったらしく、1年後にアーリーリタイアを考えているようです。

そうですよね・・・

『もし、このまま死んでしまったら、なんのために生きてきたんだろう・・・』って気持ちになったのかもしれません。

働いて、働いて、気がついたら病気になっていた。

そして、好きなことは出来ず、ずっと闘病生活。

こんな人生だったら、僕なら、絶対に、後悔すると思います。

では、どんな内容なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん54歳、奥さま60代です。

お子さんは、2人いらっしゃいますが、既に独立されています。

リタイア後は、家賃収入が8万円入って来るようです。

年金は、ご夫婦合わせて、約21万円あるそうです。

貯金は、投資も合わせれば、約4900万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住居費:2万2000円

・住宅ローン:1万9000円

・食費:5万円

・光熱費:1万円

・通信費:1万2000円

・趣味娯楽:1万5000円

・こづかい:7万円

・雑費:2万5000円

・保険料:6000円

合計すると、約23万円になります。

さて、みなさんなら、アーリーリタイアしますか?

このご家庭について、ファイナンシャルプランナー(FP)さんは、こんなことを言っています。

アーリーリタイアは早すぎる!

どうやら、FPさんは、アーリーリタイアには反対のようです。

その理由は何なんでしょうか?

『アーリーリタイアをすると、若くて元気なだけに、仕事をしていたら使わないお金を使うようになり、あっという間に減っていきます』

『将来、介護が必要になるかもしれませんから、ある程度の余裕資金を残しておく必要もあります』だって。

要するに、今の貯金だと足りないから、『まだまだ、働け!』と言っているんです。

ホントに、そんなにお金必要なんですかね・・・

アーリーリタイアしたら?

年金をもらうまで、あと10年あります。

今の生活費は、月に約23万円です。

ただし、月に8万円の家賃収入がありますので、23万円ー8万円=15万円を貯金から切り崩すことになります。

10年間では、15万円×12か月×10年=1800万円必要になります。

貯金は4900万円ありますから、65歳時点では、4900万円ー1800万円=3100万円が手元にあるわけです。

65歳からは、年金で生活します。

年金額は21万円です。

十分、年金の範囲内で生活可能です。

ってことは、死ぬまで、貯金の3100万円は使わないかもしれません。

あるいは、FPさんの言うように、介護費用にしても良いかもしれません。

僕なら、何の迷いもなく、アーリーリタイアしますね!

お金より時間

まず、仕事を辞めたからと言って、お金をバンバン使うことはありません。

ちゃんと、コントロールすれば、出来ることです。

ですので、『アーリーリタイアをすると、お金を使うようになる!』っていうのは、FPさんの偏見だと思います。

もうひとつ、感じることがあります。

おそらく、この男性は、大病を患ったことで、時間の大事さを感じたんじゃないでしょうか?

あと何年、生きられるか分からない。

そう感じたのかもしれません。

なのに、まだ、働かなくてはいけないのか?

しかも、十分な資産を持っているのに・・・

FPさんは、この男性の気持ちには、気がついていないようですね。

最後に

ある程度のお金が出来れば、それ以上は、必要ありません。

お金よりも、時間の方が大事です。

そして、その時間をどう使うか?

これが、いちばんのポイントでしょうかね。

好きな事に、費やすのが、いちばんいいんじゃないでしょうか?

仕事が好きなら、生涯現役でバリバリ働いたらいいと思います。

ぼーっとしたいなら、ぼーっとすればいい。

そうすれば、きっと、後悔しない人生にすることが出来るんじゃないでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。