『早期退職願い』を提出しました。もう、終わりですね。

 

こんにちは。たかです。

ついに、『早期退職願い』を提出致しました!

これで、この会社で働くことは無くなるでしょう。

万が一、会社から退職を拒否されれば別ですが、そんなことは起こらないと思います。

まず、100%僕の退職が決まりました。

ですが、いざ、書類を出すとなると、困ったことが起こりました。

それは・・・

上司の周りに人が大勢いる

よくよく見ると、僕の勤めている事務所では、上司の前に机があって、そこで内務の仕事をしている人が、大勢います。

そんな中、ノコノコと退職の書類を出しに行くことは出来ません。

あっという間に、僕の退職が広まってしまいますし、上司にも叱られてしまいます。

ほぼ、ずーっと、上司の動き、内務の仕事をしている人の動きを観察していました。

上司の周りに人がいなくなった瞬間に、退職書類を出そうと思っていたんです。

ところが・・・

全く、動きません。

『あっ、動いた』って思ったら、上司と部下が一緒にどこかに行ってしまう・・・

なんか、上司の事をずーっと見ていたんで、変な風に見られていたかもしれませんね。

ですが、チャンスはやってきました。

お昼休み時間にフリーになる

どうにかならないものかと思いながら、仕事をしていました。

お昼ご飯も食べずに・・・

そしたら、上司の周りで仕事をしていた人たちが、一斉にお昼ご飯に・・・

『やった、チャンス!』と思った瞬間

『○○さんも、お昼行きませんか?』だって。

いつも、上司をお昼ご飯に誘わないのに、なんで、今日に限って誘うわけ・・・

ですが、

『ありがとう、まだ仕事あるんで、後にするよ』って。

神のような、上司のお言葉でした。

『じゃあ、お先に、お昼言って来ます』って、部下の皆さんは、いなくなりました。

チャンスです!

そーっと、上司にちかづいて、ひとこと。

『○○さん、例の書類です。よろしくお願いします』といって、封筒に入れた退職願いを渡しました。

一瞬、『何のこと?』って、顔していましたが、気づいたらしく、『あぁ、分かりました。』って、受け取っていただきました。

朝から、疲れましたね~。

これで、スッキリです。

なんか、『もう、仕事なんか、どうでもいいやぁ。好きなようにやろう』って、なっちゃいましたね。

一枚の書類を出しただけです。

まだ、何にも変わっていないのに、気分が軽くなっていました。

最後に

『早期退職願い』を出した人って、僕以外にもいるんだろうか?って、思いました。

退職の書類を出すまでは、自分の事で精一杯だったんですが、良く考えると、他にもいるかもしれません。

ですが、少なくとも、僕が書類を出すまでは、僕以外に書類を出している人はいません。

だって、僕自身が、上司をずーっと、見張っていたわけですから・・・

そして、僕が『早期退職願い』を出した夜、不可解な事が起こりました。

それは・・・

電話も含め、いろんな人から、早期退職の相談が来たんです。

なぜ??

なぜ?僕に?

ん~、ほんとに不可解でしたが、なんとなく、その理由は分かりました。

この続きは、また、書きたいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。