同じ事務所で早期退職願いを出した人を見つけた。やっぱり出したか!

 

こんにちは。たかです。

僕が、『早期退職願い』を出してから、1週間が過ぎました。

まだ、会社内では『早期退職する人募集中!』です。

そんな、明るく言う事ではないんですがね。

今、いろんな情報が飛び交っております。

そして、僕の所属している部署から、『早期退職願い』を出した人がいるそうです。

この情報は確かで、その種類を見たようなんですね・・・怖いですね。

その人は、僕の1年先輩ですので、50歳でしょうか。

実は、その先輩と先日、お酒を飲みに行っておりました。

その時に、『なんか、あやしいな~』とは、感じていたんです。

なぜか?

それは、先輩から、こんな質問されたんです。

たかさん、早期退職って、どう思う?

『えっ、早期退職ですか?どうなんですかね?』なんて、変な答えをしてしまいました。

そしたら、『早期退職、悩むよね~』って。

先輩もどうしようかと、思っていたようなんです。

『たかさんは、どう思う?やっぱ、残ったほうが良いよね?』って、しつこく聞いた来たので、僕の思いをぶちまけてしまいました。

先輩、今、楽しいですか?

まずは、これです。

先輩曰く、『いや、楽しくなんか無いよ。仕事なんて、お金の為にやってるだけ。みんなそうでしょ?』って。

想像とおりの回答が、帰ってきました。

みんな、お金が心配だから、会社を辞めれないんだなって、再確認しましたね。

ですが、先輩は訳あって、独身なんです。しかも、子供さんは、既に独立している。

もう、何の心配もないわけです。

お金はいっぱい持ってるでしょ?

次の質問は、これです。

僕が想像するに、かなりゆとりある生活が出来ると思います。

ですが、先輩は、こうおっしゃるのです。

『でもね、家が無いんだよね・・・家が。』って。

どうにでもなるんじゃないの?って感じです。

ちょっと、田舎に行けば、平屋の一軒家でも、1000万円あれば十分買えます。

1人なら、5~6万円で、アパートも借りれますし、どうにでも出来そうです。

そう、お伝えしたところ、『そうだね~』って。

他に心配ってあるんですか?

最後は、聞きだしてやろうと思いました。

そしたら、『辞めてもやることないんだよね』って。

典型的な、『サラリーマン脳』になっていました。

『やる事が無いから、やりたくもない仕事をやっているんですか?』

『仕事辞めたら、やりたいことが見つかるかもです。』

『ちょっとでも、興味沸いたら、それをやってみたらどうですか?』

『○○さんて、釣り大好きじゃないですか?』

以上の事を、お伝えしたと思います。

これって、僕が、ずーっと早期退職するのに、考えてきたことです。

最後に

先輩は、少し考えていました。

なんか、僕が、早期退職への道に引きずり込んだみたいですね。

もしかしたら、『こいつ、辞める気だな』って、先輩に思わせたかもしれません。

ですが、イヤイヤ毎日を送っているのならば、スパッとやめたほうが、良いと思っています。

経済的には、何の問題もないし、ただ、『やる事が無いから』だけの理由で、やりたくもない仕事を続けてほしくなかったんです。

大きなお世話ですよね。ちょっと、反省しています。

これからは、この先輩と、『早期退職飲み会』をすることが出来そうです。

これから、何をするか?

いろんな事を、前向きに話すことが出来そうです。

楽しい、飲み会になりそうです。

ただ、この先輩が、ほんとうに、会社を辞めることに前向きになっているかどうか?

これが、心配です。

『あ~、辞表出しちゃったよ・・・早まったかな』って、なっていないことを願うばかりです。

この続きは、また、書きていきますね。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。