早期退職しても自分で稼げるようにならないと日本では生きていけないかも

 

こんにちは。たかです。

これから、日本はどうなっていくんでしょうか?

経団連の偉い人や、トヨタ自動車の社長は、『終身雇用はむずかしい』と言い始めました。

かたや、日本政府は、『70歳まで働け!』と言っています。

さらに、今後の日本は、高齢者がどんどん増えていきます。

そして、AIはどんどん発達し、簡単な作業は、機械がやってしまう時代になるでしょう。

これらを合わせて考えると、どうなるでしょうか?

70歳まで同じ会社では働ける人は一握り

今後は、70歳までの雇用が義務化されるようになるでしょう。

そして、年金は、70歳から支給開始。

反面、会社側は、『そんなの無理!』と言って、僕のような仕事が出来ない社員を、解雇するようになります。

そうなると、当然、高齢の方がクビ切りされるのは、目に見えています。

ってことは、70歳まで、会社に残ることが出来るのは、ほんの一握りの方でしょうね。

もし、60歳でクビにされたら・・・

会社は、終身雇用はしませんと言ってますので、いつでも、クビを切りにかかります。

もし、60歳でクビを切られたら、どうなるでしょう?

当然、60歳から、転職活動をしないといけません。

だって、年金ありませんからね・・・

ところが、60歳以上の方は、かなりいらっしゃいます。

一方、60歳以上の方を雇ってくれる会社は、増えてくるでしょうか?

そんなに仕事があるでしょうか?

簡単な作業は、機械がやる時代です。

そうなれば、60歳以上の方が出来る仕事は、少なくなるわけです。

働きたい60歳以上はたくさんいるが、雇ってくれる会社(仕事)がない。

年金は出ないし、仕事はないし、こんな60歳以上の方が、増えるんじゃないでしょうか?

70歳なら、まだマシかも・・・

年金支給は、もっと先延ばしにしたい。

これが、国の本音だとすれば、80歳まで年金支給を遅らせるかもしれません。

そうなれば、『80歳まで働け!』ってことになります。

おそらく、出来る仕事は、ほとんど無いと思いますが・・・

まあ、こんな風になったら、年金の意味がありませんけどね。

70歳まで働けない可能性が高い

若い人達は、人数が少ないですし、会社も雇いたいでしょうから、仕事は選び放題かもです。

ところが、高齢者は人数は多いし、仕事は無いしで、職にありつくのも大変かもです。

一部の優秀な高齢な方は、再就職も簡単かもしれませんが、僕みたいな年よりは、どこも雇ってくれないでしょう。

ん~、困りましたね・・・

雇われない稼ぎ方を身に着けるしかない

これからは、会社にお給料をもらって生きていくというスタイルは、通用しなくなるような気がします。

これが出来るのは、ある一定の優秀な方か、年齢が若い間でしょう。

会社は、仕事のできない社員を、ガマンして雇い続けることは、もうしません。

ですので、会社を追い出される方が、今後、どんどん増えていくことでしょう。

不運にも、一旦、会社をはじき出されれば、再就職は難しくなります。

もし、はじき出されてしまったら、他の会社に再就職するのではなく、自力で稼ぐ。

若い時にスキルを上げて、いざ、会社でお払い箱になったら、自営業になる。

これしか無いと思います。

最後に

終身雇用が無くなれば、サラリーマンの働き方や生き方は、大きく変わるような気がします。

ふと、これからのサラリーマンについて、考えてしまいました。

なぜか?

我が家の息子が、起業しようとしているのです。

今後の事を考えれば、間違った判断では無いと、僕は思っています。

さて、どうなることか?

見守っていきたいと思います。

っていうか、息子の心配する前に、自分が稼がないと、生きていけないんですけどね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

鈴木さんの成功。 会社員から起業した時に待ち受ける「真実」の話をしよ [ 星渉 ]

価格:1,404円
(2019/5/21 16:47時点)