『感情の老化』とは悪い事なんだろうか?アーリーリタイアが前頭葉を救う

 

こんにちは。たかです。

みなさん、『昔にくらべ、なにかに感動しなくなった』なんていうことありますか?

40代から、こういった『感情の老化』っていうのが、始まるらしいです。

原因は、『前頭葉の萎縮』だそうです。

その結果、『なにを見てもおもしろくないし感動しない』、『やる気が起きないし、気持ちの切り替えもできない』という状態になってしまうらしい。

たしかに・・・

僕は、気持ちの切り替えが出来なかったので、仕事の事で、憂鬱な気分を引きずっていたような気がします。

確実に、僕の前頭葉は、小さくなっていますね。

これを、進行させないためには、『脳を甘やかさない』ことが大事みたいです。

どういったことなのか?

前頭葉に「活」を入れる

マンネリ化した生活を見直し、積極的に驚きや感動と出会うのが、いいんだそうです。

ですが、僕のサラリーマン時代は、マンネリした生活なんか送っていません。

常に、恐怖とストレスにさらされながら、仕事をしていましたので。

それでも、『前頭葉は委縮』していったんだと思います。

脳みそを見たわけではありませんけど・・・

退職後は感動することがある

サラリーマン時代は、気分を切り替えることも出来ませんでしたし、感動することもありませんでした。

気持ちのいい朝を向かえても、なんとも思いませんでしたからね。

ですが、今はちがいます。

先週は、毎日いいお天気で、清々しい朝でした。

『ホントに、空気が綺麗だなぁ~』とか、『気持ちのいい青空だなぁ~』とか、感動の連続でした。

桜を見ても、『綺麗だなぁ~』って、感動しましたしね。

もしかしたら、『前頭葉の委縮』は、サラリーマンという恐怖の仕事の仕業だったかもしれません。

「感情の老化」を防ぐ本 [ 和田秀樹 ]

価格:1,080円
(2019/4/24 15:40時点)
感想(0件)

アーリーリタイアが前頭葉を救う

こう考えると、アーリーリタイアが、感情の老化を防ぐのに、一番いい方法かもしれません。

『退職すると、人との交わりが無くなって、早くボケるんじゃないか?』みたいなこと言われますが、そんなことありません。

よっぽど、サラリーマンで変なストレスをかけられる方が、ボケてしまいそうです。

『なにを見てもおもしろくないし感動しない』、『やる気が起きないし、気持ちの切り替えもできない』って人は、仕事を辞めたほうがいいかもです。

すみません、無責任なこと言ってます・・・

最後に

感情の老化は、悪い事ばかりでは無いと思います。

感動しないわけですから、お金を使ってまで、楽しいことをしようとはしないでしょう。

そうなれば、お金はそんなに、必要ないわけです。

年を取れば、感情の老化も進んでくるでしょう。

言い換えれば、年を取ってきたら、そんなにお金は必要ない。

生きていく為だけのお金があれば、それでOKです。

お金は、若いうちに使ってしまいましょう!ってことでしょうか?

『やりたいこと』って、年をとったら、出て来なくなりそうです。

まだ、『あれ、やってみようかな?』って感じるうちは、若いですね。

そう思えるうちは、仮にお金がかかっても、やりたいことは、やっていきたいと思います。

明るく・楽しく・優しく・感謝して生きていきたい。

これが、僕のこれからのテーマです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。