『職場で総スカンになる30代社員の特徴』があるらしい。それでいいんじゃない

 

こんにちは。たかです。

僕の勤めている職場にも、30代の社員がいます。

彼は、お世辞にも、周りのおじさんから好かれているとは思いません。

どちらかと言えば、嫌われているかもしれません。

そんな中、『職場で総スカンになる30代社員の特徴』っていう記事を見ました。

どんな社員が『総スカン』を食らうのか?

攻撃的な物言いで反感を招く

確かに、こういった光景、見ますね。

特に、自分より仕事が出来ないと判断した先輩には、アタリがきついように感じます。

そもそも、こういった『総スカン』を食らうような社員って、『自分は仕事が出来る』って思っているところがありますね。

実際には、先輩たちは、そんなに『こいつ、出来るな』なんて、思っていません。

まあ、『少しは、出来るな』くらいです。

この記事でも、同じような事が書いてあります。

一番、質が悪いのが、上司には媚びるって事ですね。

上司受けするような事は、一生懸命にやる。

それが、先輩たちからは、『みえみえ』なんですよね・・・

もう少し、うまくやれば、応援も得られると思うんですがね。

ひとりで仕事ができると思い込む

これも、よく当てはまっています。

仕事を自分一人で抱え込む。

そして、『自分一人で、やり切りました』みたいな、アピールをするんですね。

裏では、結構、先輩たちがフォローしているんですが、気がついていません。

かなり、残念ですが、どんなに教えても、分かってもらえないですね。

ですが、悪いとは思っていません

さんざん、悪口書きましたが、実は、僕は否定はしていません。

何故なら、このくらい、突き抜けた社員がいたほうが、組織は活性化します。

今の年寄りたちは、先輩たちから、潰されてきた経験を、たくさん持っています。

先輩たちも、若いころは、『生意気』だったんです。

ですので、若い社員の『生意気』を、理解できています。

このくらい突き抜けた後輩には、優しいわけです。

でも、なぜ、嫌われるのか?

それは、『礼節』が抜けているんです。

必要なのは、『生意気』であっても、礼節を大切にするという事です。

仕事では、対等に話をしてもいいと思います。

でも、一旦、仕事を離れれば、人生の先輩ですから、攻撃的になってはいけないと思います。

そんなことをしていたら、人間関係は保てません。

当然、先輩たちも、後輩には優しく、指導するべきです。

最後に

なんか、へんな事を書いてしました。

僕も、50歳手前になり、後輩の育成を考えた時期がありました。

その時、思ったことは、『後輩の若い意見を、決して潰してはいけない』って事です。

おじさんになると、若い人の意見が理解できません。

なぜなら、おじさんたちは、自分の経験からしか、判断できないからです。

若い人の意見って、おじさんたちは、経験したことが無いので、理解できないんです。

簡単なことなんですね。実は・・・

今や、おじさんの経験は、あまり役に立ちません。

これからは、今までとは違う、飛躍した発想で、仕事をしないといけないですね。

まあ、そんな空気が無いので、僕は、会社を辞めるんですけどね。

もし、30代でこのブログを見ていただいている方がいましたら、是非、前向きに、『生意気』になってほしいと思います。

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。