50歳以上の社員は、ほぼ降格人事・・・辞めろってことらしい。

 

こんにちは。たかです。

先日、勤めていた会社の同僚から、電話がありました。

彼は、まだ40代なんですが、転職を考えているみたいでした。

優秀な営業マンだったので、ちょっと、不思議でした。

このまま行けば、管理職になるのは100%間違いありません。

しかも、40代では、転職するには、かなりハードルが高いはず。

なのに、なぜ転職しようとするのか?

気になったので、その理由を聞いてみました。

そしたら・・・

降格人事が活発

この12月に、降格人事が発表されたそうです。

20代から40代の社員は、ほぼ、そのまま。

ところが・・・

なんと、50代は、ほぼ全員といっていいほど、降格人事になったそうです。

しかも、ひどい人は、2段階・3段階の降格があったみたい。

当然ながら、降格になればお給料・ボーナスは減ります。

そこで、会社が導入してきたのが、『早期退職優遇制度』です。

これは、降格された人が対象のようで、退職金を若干増やしてくれるみたいです。

僕も、『早期退職優遇制度』を利用して退職しました。

ですが、今回の制度では、僕の時より上乗せ金が少ないみたい。

ん・・・

きびしい時代になりましたね。

このままいても将来不安

元同僚の彼は、こう言うんです。

『たかさん、このまま、この会社にいても、僕だって、あと数年でお払い箱ですよ』

『だったら、今のうちに転職しようと思って・・・』って。

こういった降格人事や早期退職制度は、社員の士気を落としますよね・・・

まあ、経営状況が悪くなれば、仕方のないことかもしれませんが。

ですが、社員の士気が下がれば、さらに会社の業績は下がると思うんですがね。

辞めていく50代

では、降格になった50代の社員は、どうするのか?

彼曰く、『事務所にいる50代の半分は、辞めるみたいですよ』だって。

かなりのリストラになりそうです。

会社って、すごいですね。

無理やり降格させて、給料を減らし、目の前にニンジンをぶら下げて、会社をやめさせようとする。

ホントに、こんな会社、早く辞めておいて良かったと思います。

最後に

最近、いろんな会社が『早期退職制度』を実施しているみたいです。

東京商工リサーチによれば、2020年12月7日までに上場企業の早期・希望退職者募集が90社に達したそうです。

募集社数は、リーマン・ショック直後の2009年(191社)に次ぐ高水準なんだそうですよ。

募集人数は、約2万人弱・・・

これじゃあ、景気が良くなるわけありません。

今の時代、サラリーマンは安定した職業とは言えませんね。

いつ、クビにされるか・・・

やはり、自分で稼げる人が、いちばん安定しているのかもしれませんね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。