雇用保険説明会に参加してきた。求職活動のやり方は分からなかった。

 

こんにちは。たかです。

先日、『雇用保険説明会』に参加してきました。

これは、『求職活動』の1つにカウントされますので、絶対に行かないといけないものです。

ということで、僕も、そそくさと説明会に行ってまいりました。

その内容を、簡単に書いておきたいと思います。

まず、受付で、『雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり』を提出します。

この『しおり』は、1番初めの『雇用保険の申請』に行ったときに、くれるものです。

いろいろと、雇用保険に関する約束事が書いてあります。

それを受付に提出すると、『雇用保険受給資格者証』をくれます。

これが、結構大事で、いろんなことが書いてあります。

『基本手当日額』とか、『所定給付日数』とか、『認定日』、『離職理由』なんかが書いてあります。

説明会では、この『雇用保険受給資格者証』の見方も解説してくれますので、大丈夫です。

早速、会場に入りまして、説明会を聞いてみました。

ところが・・・

ハッキリって、わかりにくい。

DVDを見せられるんですが、よくわかりません。

DVDはボーっと聞いて、職員さんの説明を、真剣に聞いた方がいいですね。

では、今回の説明会で、気になった点を書いていたいと思います。

僕って雇用保険もらえない?

そもそも、雇用保険とは、『失業中の生活を心配せずに仕事探しに専念し、1日も早く就職するために支払われるお金』なんですね。

なので、こんな人には、払われませんと言われました。

①働く気が無い人

②専業主婦になる人

③厳しい就職条件にこだわる人

ん~、ぼくって、①に当てはまる可能性が・・・

ですが、ここは、『絶対、就職したいです!』っていう空気感を前面にだして、求職活動をしないといけませんね。

求職活動がよくわからない

求職活動に関しては、少しだけ、説明がありました。

この辺りは、そのうち分かるようになるんだと思うんですがね。

どういったものがあるのか?

①ハローワークが行う職業相談・職業紹介・各種講習・セミナー参加

②許可・届け出のある民間機関が行う職業相談・職業紹介・各種講習・セミナー参加

③公的機関が行う職業相談・職業紹介・各種講習・セミナー参加

④資格試験の受験等

なんだそうです。

この中で、ハローワークで求人閲覧をしただけでは、求職活動にはならないそうです。

なので、相談窓口で、職業相談をしないといけないそうなんです。

ですが、職員の方が、こんな事も言っていたんです。

『ハローワークで求人票を印刷して、受付で軽く相談するだけもOKです』って。

『その時は、印鑑をもらってくださいね!』って。

ん・・・どういうこと?

『相談窓口』と『受付』とは違うのか????

『相談窓口』では、印鑑は押さないってことか????

まあ、やってみなければ、分かりませんね。

僕としては、より簡単な方法を、編み出したいと考えています。

もし、見つかったら、ブログの中でご紹介したいと思います。

最後に

現在の福岡県の求人倍率は、1.59倍なんだそうです。

求人ひとりに、1.59件の求人があるってことですね。

ですが、その中身は、かなり違いがあるようです。

介護・警備・調理・運転は、4倍以上の求人倍率でした。

特に、介護と警備は、8倍を超えていましたね。

それだけ、ハードだ人が来ないってことなんでしょうか?

ちなみに、僕がやっていた営業は、どのくらいだと思いますか?

福岡県は、1.3倍でした。

もっと、求人あるのかな?って思っていたんですが・・・

意外と少なかったです。

さて、来週から『求職活動』をやっていくことになります。

どうやったらうまくいくのか?を書いていきたいと思います。

僕の場合、330日の給付日数がありますので、長期戦になりそうです。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

知って得する年金・税金・雇用・健康保険の基礎知識 「自己責任」時代を生き抜く知恵 2019年版[本/雑誌] / 榎本恵一/著 渡辺峰男/著 吉田幸司/著 林充之/著 柳綾子/著

価格:2,160円
(2019/5/18 18:42時点)