シーバスとメバルの引きを堪能した。IN 須崎埠頭 博多湾

 

こんにちは。たかです。

昨晩、夜釣りに行ってきました。

まだ、夜は肌寒いですが、昨晩は風も弱く、寒さは感じなかったですね。

木曜日という事もあって、釣り人も僕一人だけでした。

無職者の特権ですかね・・・

さて、今回の釣りについて、ご紹介したいと思います。

場所は?

博多湾の須崎埠頭というところに行ってきました。

須崎埠頭は大きな船着き場なんですが、今回、僕が行ったのは西側の方です。

たしか、マンションが立っている前あたりで、釣りをしました。

釣り方は?

今回は、僕が最近はまっている『ヘチ釣り』で、シーバスを狙ってきました。

仕掛けなどは、こちらをご覧ください。

少しだけ、詳しく書いております。

エサは、『アオイソメ』を使いました。

釣り具のポイ〇トで買ったんですが、質が良くないですね・・・

かめや釣り具の方が、生きが良いように感じます。

まだ、海水温が低いので、底の方を攻めようかと思ったんですが、とりあえず、水深1mくらいのところから、攻めてみました。

1mほど道糸を出しておきまして、竿先を下げながら、岸壁ギリギリにエサのついた針を、ゆっくりと落としていきます。

釣果は?

第1投目から、ビクビクっと竿先にアタリがあります。

水深1mくらいで、食ってきますね。

少しだけ、竿先を送ってやると、一気に潜っていきます。

さて、上がってきたのは・・・

こちらです。

かわいいメバル君です。

10cmくらいですかね。

このあとも、このくらいの大きさのメバルが、7匹釣れました。

基本的には、リリースですが、ハリを飲み込んだメバル君は、今夜の夜食になる予定です。

それから、しばらくして、アタリが遠のきました。

『ん~、これまでか・・・』と思い、一旦、底の方までハリを落として、一気に巻き上げておりました。

その時です。

『ガツン!』

今までとは全く違うアタリです。

一気に海中に引き込まれています。

なんとか、竿を立てて、魚を浮かせることが出来ました。

上がってきたのは、こちらのお方です。

じゃ~ん。

シーバスの子供ですね。

フッコでしょうか。(ここでは、シーバスにしておきます)

大きさは、40cmでした。

このように、素早く巻き上げてくると、途中で食ってくる時があります。

ヘチ釣りの1つの釣法かもしれません。

メバル用の竿でも、このくらいのサイズは上げることが出来ます。

引きも堪能できますし、楽しいと思いますよ。

残念ながら、シーバスはこの1匹でした。

このお方も、今晩の我が家のおかずとなっております。

捌いたんですが、お腹の中は、空っぽでした。

おなか、すいてたんでしょうね・・・ごめんね。

最後に

今回、『さかなつかみ』を購入したんですが、丈夫なものが良いですね。

シーバスでも、がっちりつかめますので、手を汚すことなく、ハリ外し出来ました。

あと、シーバスはエラとかヒレで手を切ることがありますので、素手では触らない方が賢明だと思います。

第一精工 ワニグリップミニMC ホルスター フォリッジグリーン

新品価格
¥2,433から
(2019/4/5 11:34時点)

次回は、大きめのエサを購入して、須崎埠頭を攻めてみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。