独身でも、なかなかきついなぁ・・・働き続けるしかないのか?

 

こんにちは。たかです。

今度、生まれ変わったら、独身の人生がいいなぁ・・・なんて思っておりました。

でも、ある程度の稼ぎがないと、独身でもきついのかもしれません。

今日、こんな記事を目にしました。

『46歳一人暮らし。少ない貯蓄、病気、毒親といろいろ不安』です。

登場する方は、独身女性なんですが、ずっと派遣や契約社員として働いていたらしい。

45歳の時に、やっと正社員になったらしいんですが・・・

老後はどうなるんだろうか?

そう思ったので、ちょっとだけ、書いてみたいと思います。

登場する方は?

46歳の独身女性です。

月の収入は17万円、ボーナスは年間で50万円あるようです。

貯金は、投資も含めれば120万円お持ちのようです。

年金は、見込み額で9万円らしいです。

今後、少しは増えるでしょうけどね。

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・家賃:4万5000円

・食費:3万3000円

・光熱費:1万1000円

・通信費:9000円

・趣味娯楽:8000円

・雑費:2万9000円

・保険:1万2000円

合計すると、約15万円になります。

月の収入は17万円ですから、17万円ー15万円=2万円を貯金することが出来ます。

年間では、2万円×12か月=24万円になります。

ボーナスからは、年間で40万円を貯金しているそうです。

ってことは、年間では24万円+40万円=64万円の貯金が出来るわけです。

定年まで、あと14年です。

なので、64万円×14年=896万円しか、貯金することは出来ません。

今の貯金120万円を合わせても、1016万円にしかなりません。

さて、生きていけるのか?

60歳でリタイアしたら?

仮に、60歳で仕事を辞めたらどうなるでしょうか?

年金受給が始まるまで、あと5年あります。

その間は、貯金を切り崩して生きていくしかありません。

月の生活費は15万円ですから、15万円×12か月×5年=900万円必要になります。

なので、このお金を貯金から出すことにします。

すると、65歳時点の貯金は、1016万円ー900万円=116万円しか残りません。

65歳から、年金生活になりますが、手取りの年金額は9万円くらいです。

月の生活費は、15万円ですから、15万円ー9万円=6万円足りないわけです。

ってことは、年間で、6万円×12か月=72万円を貯金から切り崩すことになります。

65歳時点の貯金は116万円ですから、すぐに無くなってしまいますね・・・

70歳まで働くしかないか?

もし、70歳まで、月15万円の収入を得るとします。

すると、月の生活費は15万円ですから、70歳までは、貯金を切り崩す必要はありません。

なので、1016万円の貯金を、70歳まで維持することが出来ます。

70歳から、貯金を切り崩して生活を始めます。

年間の貯金の切り崩し額は72万円ですので、1016万円÷72万円=約14年で底をつく計算です。

ってことは、70歳+14年=84歳までは、生き延びれそうですね・・・


最後に

なかなかきびしいですね。

70歳まで働いても、84歳までしか、生き延びれそうにないとは・・・

もしかしたら、70歳以降も、働く必要があるかもしれません。

仮に、資産運用をしても、そんなに増えるとも思えませんしね・・・

ある程度、若いうちからお金を貯めておかないと、かなり、きつくなるってことでしょうか?

こういった方って、多いのかもしれません。

でも、70歳まで働ける場所って、そんなにあるのかな?

そんなことを思いながら、記事を読んだ次第です。

今度、独身に生まれ変わったら、若いうちから貯金して、資産運用したいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。