年収550万円もあるのに生活するだけで精いっぱい?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『44歳主婦、貯蓄300万円。増えない貯金、借家住まいで先が見えない』です。

44歳で貯金が300万円だと、ちょっと、不安になるかもしれませんね。

しかも、家を購入していないようですし。

これで、家を購入したら、どうなることか・・・

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん40歳、奥さま44歳、お子さんはいらっしゃいません。

月の収入は、旦那さん23万5000円、奥さま10万円です。

合わせれば、月に33万5000円の収入があります。

ボーナスは、年間で40万円あるようです。

世帯年収にすれば、約550万円くらいになるんでしょうか。

今の日本では、恵まれた方だと思いますがね・・・

貯金は、約300万円お持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・家賃:5万8000円

・車両費:1万8000円

・食費:5万5000円

・光熱費:2万5000円

・通信費:1万9000円

・趣味娯楽:2万円

・交際費:2万円

・こづかい:6万円

・雑費:4万5000円

・保険料:5500円

合計すると、約33万円くらいになります。

月の収入は33万5000円ですから、ほぼ、生活費で消えてしまいます・・・

ボーナスからも、貯金は出来ていません・・・

なので、このままだと、貯金は増えることはなさそうですね。

ん・・・

年収550万円もあるのに、貯金できないなんて。

さて、どうしたものか?

支出を削減

夫婦2人で、月に33万円って、使いすぎじゃないですかね・・・

家賃を除いても、33万円ー5万8000円=約27万円も使っています。

ちなみに、我が家も夫婦2人の生活ですが、月に15万円くらいで生活出来ています。

何が違うのか?

おこづかい:6万円

まず、我が家では、こづかいなんてありません。

お金を使うことって、ほとんど無いんですよね・・・

まあ、仕事をしてないからでしょうけど。

仕事をすれば収入を得ることも出来ますが、支出も増えるんですよね・・・

貯金を増やすには、2万円くらい、おこづかいは減らさないといけないでしょうね。

趣味娯楽と交際費:4万円

趣味娯楽に2万円、交際費で2万円、合わせて4万円の支出です。

趣味娯楽や交際費は、こづかいの中から出したらいいですよね。

とりあえず、こづかいを減らしましたので、趣味娯楽と交際費は、2万円の削減にしたらどうかと思います。

雑費:4万5000円

この『雑費』って、何なんでしょう?

我が家の場合、僕が働いていた時の家計簿には、『その他』という項目がありました。

この『その他』の使用金額が、メチャクチャ大きかったんです。

このご家庭と同じ感じです。

家計簿をつける時、『雑費』に入れてしまうと、ホントに簡単なんですよね。

でも、振り返ってみると、何に使ったか分からないんです。

なので、家計簿には、『雑費』とか『その他』とかいう項目は、極力入れない方がいいですね。

おそらく、このご家庭の場合、雑費から2万円くらいは削減出来るんじゃないでしょうか?

いくら貯金できる?

こうやって支出をカットしてみると、いくら貯金が出来るのか?

こづかい(2万円)+趣味娯楽と交際費(2万円)+雑費(2万円)=6万円を捻出することが出来ます。

ってことは、年間では、6万円×12か月=72万円を貯めることが出来るわけです。

旦那さんが、仮に60歳まで働いたとしたら、72万円×20年=約1500万円を貯金することが出来ます。

これを資産運用すれば、もっと多くの老後資金を準備することも可能でしょうね。

最後に

お金を貯めるには、収入>支出になればいいわけです。

でも、案外、これが理解できていない人が多いみたい・・・

あるいは、頭ではわかっていても、実際に行動に移せない・・・

年収550万円もあれば、夫婦2人なら、楽勝だと思いますがね。

僕も、雇われることなく、年収500万円くらいは稼げるようになりたいなぁ・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。