何ごとも引き際が肝心ですね。普通に7000万円もらえたのにね。

 

こんにちは。たかです。

賭けマージャンをして、大変なことになっている方がいらっしゃいます。

東京高検の検事長さんです。

現在は、法務省の内規による訓告処分を受け、検事長を辞職することになっています。

訓告なので、懲戒処分よりも軽い処分なんだそうです。

それに伴い、7000万円くらいの退職金ももらえるようなんですが・・・

ですが、世論が、それを許すでしょうかね?

僕は、このままでは、終わらないような気がします。

賭けマージャンはバレなかった

この検事長さんは、ホントは、今年の2月に定年退職するはずでした。

ところが、お国の指示で半年、定年が伸びたらしい。

まあ、どういう理由で定年延長になったのかは、分かりませんが。

もし、お国の言う事を聞かずに、2月に定年退職をしていたら、賭けマージャンはバレることなかったでしょうね。

そして、7000万円の退職金を手に入れ、元検事長の肩書をもち、悠々自適な生活が出来ていた事でしょう。

退職後も、いろんなところで、仕事をすることも出来たでしょうしね。

ちょっと、退職を延長しただけで、人生が変わってしまいました・・・

引き際が肝心

この検事長さんだって、内心、ハラハラしていたんじゃないですかね。

だって、ずっと前から、賭けマージャンをしていたわけですから。

もし、一緒にやっていた誰かが、このことをバラしたら、大変なことになります。

そうなれば、『職を失ってしまう・・・』ってことくらい、気がつきそうなものです。

だったら、1日も早く、この役職から身を引くべきだったのに・・・

仮に、退職後に暴露されても、知らぬ存ぜぬで、逃げ切れたと思うんですがね。

引き際を間違えましたかね・・・

肩たたきをされたら辞める

サラリーマンも、引き際は大事だと思います。

コロナウイルスのせいで、これから先、リストラを行う会社が増えてくるでしょう。

中には、『肩たたき』をする会社もあるかもしれません。

もし、肩をたたかれたらどうするか?

僕は、もう、その会社はやめたほうがいいと思います。

仮に残ったとしても、行きたくない勤務地にされたり、やりたくない仕事をさせられたりするでしょう。

会社なんて、そんなものです。

なので、残ったとしても、あまり、いいことは無いと思います。

最後に

僕は、サラリーマンとしては、失敗作でした。

いわゆる、ポンコツサラリーマンです。

でも、引き際だけは、間違えなかったと思っています。

『早期退職優遇制度』をうまく活用し、地獄のようなサラリーマン生活から脱出できました。

ホントに、あの時、辞めてよかったと思っています。

あとは、人生の引き際をどうするか?

でも、こればかりは、思うようにはいきませんかね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。